もう迷ったらこれ。納豆キャベツでみるみる痩せる!

もう迷ったらこれ。納豆キャベツでみるみる痩せる!

あれがいい、これがいい、何だか色々あってもう面倒くさい! そんなあなたに贈る最終手段がこれ。もうとにかくキャベツを食べればいいんです。

王道? でもやっぱり痩せる「キャベツダイエット」

何を今更、と思いませんか?
でも、あれもこれも迷って、結局なんだかどれも面倒くさくなっちゃってる人には、やっぱりキャベツがオススメなんです。
何故かと言うと、答えは簡単。キャベツほど手軽に続けられるものはないから。
今やスーパーやコンビニでも、千切りにしたキャベツのパックを簡単に買うことができますよね? とにかく「手軽」であることはダイエットを長続きさせる上で非常に重要なファクターです。

しかもキャベツにはちゃんと痩せる理由があるんです。

キャベツは低カロリーで満腹感を得るのに最適

キャベツのカロリーは100グラムあたりたったの23キロカロリー。白米の5分の1程度しかありません。
しかもキャべツは食物繊維がたっぷりなので、よく噛んで食べることで、満腹中枢が刺激され食欲を抑えてくれる上に、便秘など胃腸の不調にも効果は大。
なので、白いご飯を食べる代わりに、たっぷりのキャベツを食べれば、カロリーを抑えてかつ満腹感を得ることができるんです。

ドレッシングはお好みで! あなた好みのキャベツサラダを

キャベツばっかり食べるなんて飽きちゃいそう…と思う方もご安心を。
ドレッシングは好きなものをかけて構いません。
確かにドレッシングはカロリーの高いものもありますが、一度に食べる量は少量です。キャベツでグンとカロリーを減らしているので、多少のカロリーを気にするよりも、飽きずに食べ続けることを目指してください。

オススメは「納豆+キャベツの千切り」

キャベツと共に食べるのがオススメなのが納豆。
納豆は日本の誇る元祖スーパーフードです。
特に注目したいのが、ごぼうの2倍とも言われる豊富な食物繊維。そして、美肌に役立つビタミンBが生の大豆の2倍、また、骨粗しょう症などの予防に効果的なビタミンKが他の発酵食品の数百倍、など豊富に含まれるビタミン類です。

キャベツを千切りにして、納豆を乗せるだけ。
納豆のタレの程よい塩加減と、ねばりで箸が進みます。

納豆が苦手、という方は、刻んだキムチと豆腐を崩したものを合わせて、少量のごま油をたらした中華風味もオススメですし、はたまたシンプルにオリーブオイルとひとつまみのお塩だけでも構いません。飲み屋のおつまみ風に、少量の塩昆布とごま油で味をつけるのもいいでしょう。
もし、おかずに塩気のある魚やお肉がある時は、生のキャベツをそれらの塩分で食べることもオススメです。

とにかく、白いご飯の代わりにキャベツを食べるだけ。
どうしても白いご飯が食べたい場合は、1日お茶碗1杯までに抑えましょう。
たくさん食べられて、味のアレンジも出来、コンビニでも買えるのでオフィスなどでも気軽に食べられるキャベツこそ、最高のダイエットフードなんです。
ダイエットにおすすめのキャベツのサラダ

関連記事