正しい5色の下地コントロールカラーの使い方

正しい5色の下地コントロールカラーの使い方

お化粧のベースになる化粧下地は、自分の肌色に合うものを選ぶことが大切! そこで今回は、5色の下地をご紹介します。あなたに合うのは何色?

下地コントロールカラーとは

ピンクやブルーなどといった色のついた下地をベースに塗ることで、くすみや赤み、血色などの肌の悩みを隠して理想の肌へと近づける魔法のコスメなのです。

あなたに合うのはどの下地? 5色のお助けレンジャーたち

【ピンク】くすみや肌に疲れが出やすい人、血色の悪さをカバーします。ピンクの下地を塗ることで肌をトーンアップさせ、柔らかそうな女性らしい肌になります。

【イエロー】シミ、そばかすが気になる人や、赤みや色ムラを補正します。小鼻の軽い赤みもカバー、またトラブルがないお肌にも馴染みやすく使いやすいです。

【ブルー】黄くすみが気になる人や透明感が欲しい人。ブルーの下地は顔全体に塗ってしまうと青白くなってしまうので、部分使いをおすすめします。

【パープル】ピンクとブルーのいいところだけをとったパープルの下地は、トーンアップや透明感を出します。また、黄くすみにのせると肌色を均一にさせ、ハイライトとしても使用可能です。

【グリーン】赤いニキビやニキビ跡をカバーします。また、赤ら顔や小鼻の横の赤みが気になる人へもオススメ。これもまた顔全体に使用するのではなく、部分使いでOK!グリーンの下地がなんだか合わないなと思ったらイエローの下地を使ってみて下さい。

コントロールカラーひとつひとつにそれらの役割があり、自分に合った色を見つけることで今よりも印象がガラリと変わります。そして、コントロールカラーはあくまでも下地なので、くすみやクマが気になるようでしたらファンデーションやチークなどでも調整してみてください。

関連記事