ダイエット中の方に!ヤケ食いを防ぐ、たった2つの習慣!

ダイエット中の方に!ヤケ食いを防ぐ、たった2つの習慣!

急激に太ってしまう人の原因のひとつに、ヤケ食い・ドカ食いがあります。
それを防ぐ簡単な方法があるなら、さっそく今日から実践したいものですよね!

ダイエットの習慣を見直そう! ストレス食いの原因は?

ヤケ食い・ドカ食いをする理由として、「ストレスのせいです」という人が非常に多いようです。しかし、実際はストレスで痩せてしまうことはあっても、太ることはまずありません。正確には「ストレスを解消するために食に走った結果、太った」というのが適切でしょう。

何かが上手くいかないとき、急に不幸なことが起きたとき、これから起こることに不安を感じるとき…。仕事でもプライベートでも、現代の人々は常に様々なストレスにさらされていますから、それをゼロにすることは不可能です。しかし、普段から「食事の質」を整えていれば、そのような外的ストレスがふりかかってきたときにも、基盤がしっかりしているので、ストレスの感じ方を和らげることが出来ます。

そんなことを言ってもすぐには実行出来ないでしょうから、誰でも今日から簡単に出来る、ヤケ食いを防ぐ、たった2つの習慣をご紹介致します。

ダイエット中はお菓子を買わない・置かない

普通の人なら、よほど強い意思がない限り、または嫌いな食べ物でもない限り、目の前にある食べ物をつい口にしてしまいます。そして、食べ始めたら、満足するまで食べ続けてしまうのも人間です。私たちはお腹が空いていなくても食べ物がすぐ手に入り、好きな物を食べることが出来てしまう世の中です。

ということは、目の前にすぐ食べ物が手に入る環境に身を置かないことが一番!つまり、お菓子やジャンクフードを買わない・置かないということです。目の前にそうした食べ物がなければ、ヤケ食いをする心配もありません。しかし、一緒に住んでいる家族がいつもお菓子を買い置きしている場合、仕事で食べ物をもらう機会が多いという場合は非常にツライでしょう。このような場合は、家族に協力してもらったり、職場でもらったお菓子は他人にあげる、などということを心掛けてみて下さい。少なくとも、自らお金を出してお菓子を買うといったことがないように、自分自身でコントロール出来るところは徹底しましょう。

特にスナック菓子などの開けてすぐ食べられるタイプの加工食品や、調理せずにすぐに食べられる食品などは、コンビニやスーパーですぐ手に入るうえ、栄養がないので危険です。お菓子は買わない・置かない。つい手を出さないためにも徹底しましょう。

他のストレス発散方法を見つけることが、ダイエット成功への秘訣

ストレス解消の矛先を食やお酒に向けるのではなく、他に集中出来る趣味を見つけてみましょう。カラオケや映画鑑賞、マッサージ、アロマ、買い物、友人に相談するなど、いくらでも方法はあります。

ストレスでヤケ食いをする人に限って、さんざん食べた後に後悔と自己嫌悪といったネガティブな感情に見舞われます。そして食べ過ぎてしまったことが、またストレスとなるのです。

そうした悪循環にならないためにも、ヤケ食いを防ぐために以下のことを心掛けていきましょう。

■ お菓子を買わない・置かない
■ 「食べる」以外のストレス発散方法・趣味を見つける

カラダの声に耳を傾けて、自分に合うダイエットを

肥満になりやすく、食に対する意識の低い人は、お腹が空いたとき、とにかくお腹をいっぱい満たしてくれるものを、なんでも構わず食べています。そして、それは簡単に食べられるコンビニのおにぎりやサンドイッチだったり、ジャンクフードを選択しがちです。しかし、そんなものでお腹を満たしても、本来カラダが欲しがっている栄養素が入ってきていないわけですから、細胞が空腹と勘違いして、もっと食べたいというシグナルが止まらなくなります。

カラダが本当に欲しがっているものに耳を傾けてみましょう。食べ物を選択するとき、カロリーだけ摂って栄養がスカスカのものばかり食べていないでしょうか。色の濃い旬の野菜、海藻類、発酵食品、豆類など、普段から意識して食べられているでしょうか?あなたのカラダはもっと様々な栄養を欲しがっていることでしょう。

関連記事