知らなきゃ損! 頭皮の生乾きが与えるヘアダメージとは

知らなきゃ損! 頭皮の生乾きが与えるヘアダメージとは

夜遅くなってしまった日や時間がない時など、髪を乾かさないまま放置していませんか?実は、頭皮の生乾きは美髪作りの“NG事項”だったんです!
Sao

ヘアに関する意外な盲点! 頭皮の生乾きはどうしてダメなの?

髪を洗ったあと、すぐにドライヤーをしていますか? 面倒くさいから自然乾燥しようなんてそのまま放置している方、それが美髪作りの邪魔をしているかもしれません!

髪を濡れたままにしていることは、キューティクルが開きっぱなしになってしまうので髪のパサつきの原因になる可能性があります。
そして、髪だけじゃなく頭皮にも悪い影響を与えかねないのです。

では、どうして頭皮の生乾きは良くないのでしょうか?

頭皮の生乾きが与える髪へのデメリットとは

例えば、自然乾燥で完全に髪の毛や頭皮の毛穴から水分が無くなればいいのですが、少しでも水分が残ったままで寝てしまうと、頭皮に雑菌が繁殖しやすくなるのです。
そして、頭皮の毛穴に雑菌が繁殖すると、毛穴の中で炎症が起きます。これがフケの原因になり、抜け毛の原因にもなり得ます。また繁殖した雑菌からイヤな臭いも出てきてしまうんです。

また、頭皮や髪を濡れたまま放置することで、頭皮の温度が下がり、水分が蒸発するときに熱を奪ってしまい、頭皮の血行も悪くなります。血行が悪くなれば、髪の毛が育つための栄養も毛根に届きにくくなります。

ですので、必ずドライヤーで乾かしてから寝るように心がけてください。
頭皮の生乾きが髪に良くない理由

頭皮や髪を乾かすための正しいドライヤーのやり方

1. タオルドライで出来るだけ水分をオフ。こすらずに根元から水分を取るように、揉みほぐしながら乾かす。
2. ドライヤーを使う。最初は「強風モード」で内側を乾かす。同じ所にかけすぎると地肌に悪いので気を付けて。
3. ある程度髪が乾いてきたら、熱風を冷風に切り替えて、全体に軽くかける。


手間になったとしても、美髪を作るために髪と頭皮を乾かすことは欠かせません!
是非、参考にしてみてください。

関連記事