秋のシアーな肌はシャネル【ル・ブラン】の下地で作る

秋のシアーな肌はシャネル【ル・ブラン】の下地で作る

乾燥が気になり始める季節。でも、肌は潤いをたたえたシアー感をキープしたいですよね。そこでオススメなのが、シャネルの【ル・ブラン】シリーズのラインナップです。

シャネルの優秀下地! 内側と外側から光を放つ肌を作ろう

シャネルのル・ブランシリーズといえば、「白(ブランはフランス語で白の意味)」をテーマに美白を求める女性のためのシリーズ。シーズンを問わずに使えるテクスチャと、肌の白さを追求した成分が豊富に含まれた人気のシリーズです。
スキンケア製品が主なラインナップですが、実はル・ブランシリーズのメイクアップベースが非常に優秀なんです。

3色から選べる色補正下地で、素肌をトーンアップ

ル・ブランシリーズの下地には、ロゼ・ミモザ・リスの3色があり、肌に合わせて選ぶことが可能です。
血色の良い肌感を求めるならロゼ、健康的なオークル系ならミモザ、色白な肌にはリス、と使い分けることができるのでどんな肌色の方でも、自分に合うものが見つけられるはず。
光を放つ色合いのベースカラーに作られており、肌の色を明るく補正してくれるので、くすみのない明るい肌色が叶います。

忙しい女子必見! メイクをしながらスキンケアもしてくれる下地

成分の中に、シリーズの特徴であるスキンケア成分を豊富に含んでいるので、肌に負担が少ないのもいいところ。
肌にぴたりと密着する伸びの良さをキープしながら、スキンケア成分と、紫外線ブロック効果で、肌をやさしく守ってくれるのが大きな特徴です。
テクスチャはさらりとしていて伸びが良く、ほんの少しの量で、顔全体に使えます。

この下地があれば、平日はリキッドをオン、週末はパウダーで軽くだけでOK

ウィークデイにしっかりメイクが必要なときは、リキッドファンデーションか、パウダーファンデーションを重ねましょう。しっかりと色補正をしてくれるので、ファンデーションはいつもより気持ち薄く乗せるのが、シアーに仕上げるコツ。特に顔の中央はなるべく薄く乗せて、ナチュラル感をアップさせましょう。
週末、軽めのメイクでOKな時は、ル・ブランの下地の上に、ルースパウダーを乗せるだけで、ナチュラルで、でもクリアな光を含んだ肌に仕上がります。
休日はルースパウダーをオンするだけでもOK
関連キーワード

関連記事