テカリなんて気にならない! サラサラ美肌をつくるテク

テカリなんて気にならない! サラサラ美肌をつくるテク

ヘア&メイクやモデルなど“美のプロ”が、普段行っているベースメイクのテクニックを紹介。今日からでも真似できるテクニックが満載です!
まるですっぴん?! と思わせるキレイな肌はいつだって憧れの的。肌のアラを隠したくてあれこれ塗りたくると、いつのまにか厚塗りに・・・・・・なんてこと、よくあるもの。ところが、テカリやすい肌の持ち主、ヘアメイク犬木愛さんが実践しているテクニックは、塗っても塗っても厚塗り知らずの仕上がりになるから驚き!
気になるテクニック、その一部をご紹介します。

サラサラ美肌のつくりかたって?

犬木愛
ヘア&メイクアップアーティスト
犬木 愛さん
目指すのは「アラが目立たない完璧肌」。肌質はテカリと乾燥が同居する混合肌。夕方になるとくすみがち。

1.下地はブルー系を顔の中心だけに

テカリなんて気にならない!サラサラ美肌をつくるテク
日焼け止めを顔全体に塗ったら、ブルー系の下地をちょっぴりだけとって顔の中心にのせます。下地はテカリ対策ができるものがベスト!「ブルー系の下地を顔全体に使うと白浮きしちゃうので、使うのは本当に部分的に」と犬木さん。おすすめのアイテムは「エスプリークテカリ防止下地」

2.CCクリームは2種類をまぜてカバー力を調整

テカリなんて気にならない! サラサラ美肌をつくるテク
いくらテカリが気になる肌でも、日中のうるおい感は必須!だから下地のあとにはうるおい感とカバー力が両立するCCクリームを。

「カバー力の高いものとうるおい感のあるものを1:1の割合で混ぜて使います。使うものは季節や肌状態に合わせてアレンジ」(犬木さん)

使うアイテムは、たとえばカバー力が高いヘレナルビンスタイン リプラスティ CC+と、スキンケア効果の高いSK-Ⅱ オーラアクティベーターCCクリームなど。

手の甲で混ぜてのせます。フェイスラインまでのばすと、顔が大きく見えるので、目尻よりも外側に広げないのが、厚塗りっぽさを防ぐコツ!

3.コンシーラーは「線」のように細く!

目の下のクマをカバーするコンシーラーは2色を使い分けるとプロ級の肌が完成!

「赤グマはイエロー系のコンシーラー、肌が凹んで影になって見えるクマはピンク系のコンシーラーで消します」(犬木さん)

イエロー系のコンシーラーは赤みをカバーする効果が、ピンク系のコンシーラーには肌をふっくら見せる効果があるんだとか!

どちらも、クマの上に細く入れることが厚塗り感を出さないコツ!

4.フェイスパウダーの2色使いで小顔見せ!

テカリなんて気にならない! サラサラ美肌をつくるテク
テカリなんて気にならない! サラサラ美肌をつくるテク
肌のテカリ防止のためにも、仕上げにルースパウダーをのせます。肌色にぴったりの色と、肌色よりやや暗めの色、2色を使うのがプロの技!なんと2色を使うことで、小顔に見える効果があるそう。

「肌色にぴったりの色をTゾーンに。粉っぽくならないくらい薄くのせます。暗めの色はフェイスラインにそって、さっとひとはけ。同じパウダーの色違いなので、自然になじみます」(犬木さん)

フェイスライン=顔の輪郭にうっすらと影をつければ、誰にもバレずに小顔に!

おすすめはディオールスキン ヌード エアー ルース パウダー。肌にのせていないかのような軽い感触で人気です。

まとめ.忙しいときはメイクがくずれても許すこと

「もし肌がテカっても『肌がテカったな』と。出てきた皮脂はもうしょうがないと思っています。忙しくてメイク直しができないときは、テカっても許す!くずれたらくずれたでいいかなという気持ち」(犬木さん)

テカリなんてイヤ!と躍起になるよりも、テカってもいいやという心の余裕をもつことも、美肌をキープするコツの一つなのかもしれません。

関連記事