風邪予防の手洗いで、手荒れに? 手肌を守る冬のハンドケア

風邪予防の手洗いで、手荒れに? 手肌を守る冬のハンドケア

インフルエンザや風邪の予防に手洗いをこまめにすると、予防にはなっても手荒れもひどくなる…そんなお悩みの為の、冬のハンドケアをご紹介します。

ハンドケアは、顔と同じく、化粧水をつけてからハンドクリームを

ハンドクリームを塗ってもすぐにカサついてしまうこの季節。手荒れやあかぎれの原因は、冬の乾燥だけでなく、インフルエンザや風邪予防の為の手洗いや、温水での家事など、水に触れることが多くなり手の皮脂を取りすぎてしまい、手のバリア機能が失われてしまうことだと言われています。

手は皮脂膜により乾燥などから守られており、その皮脂膜は、汗などによる水分と、皮脂腺からの皮脂が混ざり合うことで出来ています。

しかし、石鹸や洗剤を使うことで皮脂膜が取り除かれ、ハンドドライヤーやアルコール消毒剤などで水分が失われ乾燥が進む…というわけで、冬の手肌は実は過酷な状況にさらされているのです。

さらに、手は顔と比べると、汗腺は多い割に皮脂腺の分布が少なく、手の平に至っては皮脂腺が全くありません。よって、顔の肌と同じく外部から水分を補い、皮脂代わりの油分を与えてあげないといけないのです。そこで「日常のハンドケア」と「スペシャルハンドケア」をご紹介します。
ハンドケアは、顔と同じく、化粧水をつけてからハンドクリームを

日常のハンドケア

1)水に触れる時は、なるべくビニール手袋を使う。ゴム手袋はゴムかぶれの心配もあるので、ナース用の使い捨てポリエステル手袋だとベター。
2)素手で水に触れる時は、できるだけ高温を避ける。
3)手の汚れを落とす時は、殺菌力だけでなくなるべく手に優しいハンドソープを使い、よく泡立てて洗う。
4)ここが一番肝心。タオルできちんと水気を取る。生乾きのままだと顔の肌と同じく、より水分が奪われ乾燥につながる。トイレのハンドドライヤーも、出来るだけ避ける。 
5)ハンドクリームを塗る前に、できれば化粧水スプレーをする。精製水と化粧水を1:1でスプレーボトルに入れたものを吹きかける。
6)化粧水が浸透したら、ハンドクリームを手の甲に乗せ、両手の甲をあわせて温めてから引き延ばし、指へとのばしていく。
※1)で、ハンドクリームを塗り、木綿の手袋をして、ゴム手袋をしてもOK。炊事で使うお湯によって、手袋内の温度が上がり、クリーム成分の浸透を促す。

スペシャルハンドケア

1)ハンドバスをする。洗面器38〜43℃のお湯をいれ、エッセンシャルオイルを2〜3滴垂らし、両手首(出来れば肘まで)5分つける。
2)出来れば、ハンド用スクラブで不要な角質を取り除いておく。
3)タオルドライをして水気を取ったら、片方の手の甲にティッシュを1枚置き、「日常のハンドケア」の化粧水スプレーを使ってたっぷりスプレーをする。全体にスプレーをしたら、ティッシュの指の間をハサミで切り、指にも化粧水を行き渡らせる。
4)ラップまたはビニール袋で覆い、3分放置し浸透させる。
5)ラップまたはビニール袋を取ったら、すぐにハンドクリームを「日常のハンドケア」と同じく塗りこむ。

知れば知るほど、意外と手間のかかるハンドケアですが、それ位、冬は手肌にとって厳しい環境なのかもしれません。まずは水に触れる時に手袋をすること、水に触れたらしっかりタオルで拭いて、すぐにクリームをつける所から習慣づけていくと良さそうです。

関連記事