今すぐやめて!肌のためにやってはいけないバッド習慣

今すぐやめて!肌のためにやってはいけないバッド習慣

肌にわるーいバッドな習慣。知らず知らずのうちにやってしまっていることから、わかっていてもついついしてしまうあの習慣までまとめてみました。

身だしなみの一つだと思っていたあの行為は実は危険!

危険な行為とは、「朝シャン」。眠い朝、シャンプーするとスッキリ目覚められるし、ヘアセットもしやすくなって一石二鳥だと思っていませんか?
実は朝シャンは髪のためにとても良くない行為なんです。
夜シャンプーしないで寝るということは、頭皮に汚れが詰まったまま寝てしまうということ。汚れは寝ている間に毛穴の奥深くまで浸透し、朝シャンしても取れなくなってしまうのです。毛穴の詰まった状態が続くと、健康な髪が生えるのを阻害し、徐々に細くてツヤのない髪の毛になってしまいます。
髪の毛は夜寝る前に洗い、寝癖が気になるときは髪を濡らしたり蒸しタオルで抑える程度にしましょう。

わかっていてもついやっちゃう。これを続けると老けますよ!

仕事で疲れた日、お酒を飲んで遅く帰った日などついついやってしまうメイクしたまま寝てしまう行為。これは本当にお肌のためによくないです!クレンジングしないでメイクしたまま寝た次の日のお肌は、1ヶ月顔を洗っていないのと同じくらい汚いそうで、引き起こすのは毛穴の詰まり、色素沈着、乾燥などお肌のためにならないことのオンパレード。普段どんなにお高い基礎化粧品を使っていても1回やってしまうと1か月分の努力がムダになってしまいますよ!
絶対やめましょう。

「夏は暑いから化粧水だけ」ってこれもダメ!

夏は暑いし湿度も高いからスキンケアは化粧水だけで大丈夫って思ってる方、その考え方も間違いなんです!化粧水はしっかり入れ込んでふたをしないとどんどん蒸発していってしまうもの。夏でもしっかり乳液やクリームでふたをしないと、汗はかくのにお肌の表面は乾燥してしまい、日焼けをしやすくなるのでシミやしわの原因に。冬と同じクリームだとべたつきが気になる場合は夏用のさっぱりタイプのクリームを使って保湿ケアするようにしましょう。

悪い習慣を見直して素肌美人になりましょう

いかがでしたでしょうか?
美は1日にして成らず。美肌のためには悪い習慣は早く辞めて、毎日コツコツ自分のできるケアを続けることが大切ですね!

関連記事