ダイエット成功のカギは、油の賢い摂り方が握っている?!

ダイエット成功のカギは、油の賢い摂り方が握っている?!

美を磨きたい方に、一番にアクションを起こしてほしいのが「油の摂り方を変える」ことです。良い油に変えるだけで、素晴らしい効果があるんです!

ダイエット中は食べても太らない油がおすすめ

女性は「油は大敵」と誤解しているようですが、体に良い油と悪い油があるのはご存知ですか?

何かひとつの食材だけで、美や健康に効くことは基本ありませんが、油だけは例外です。私たちを作っている細胞に大きな影響があるため、悪い油を止めて、良い油に変えるだけで、素晴らしい効果が期待出来ます。

油をカットしすぎると、美容面では乾燥肌や髪の毛が傷みやすくなるなどの影響が出る可能性があります。美しくなるには、油抜きはもってのほかなのです。

そのためには、まず良い油と悪い油の違いを知ることから始めましょう。

ダイエット中に気を付けたい油の選び方

まず、油の種類には大きく分けて「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」に分かれます。

「飽和脂肪酸」は、バター、ラード、牛脂、乳製品、卵黄などに含まれているのですが、常温で固まる性質があるため、摂りすぎると血液をドロドロにすると言われています。

特に牛肉は油脂が多く、牛ロースは豚ヒレの3倍の脂肪を含んでいます。炒め物や揚げ物で多く含まれているだけでなく、ケーキ、クリーム、お菓子などでも多く含まれているので、加工食品や外食で無意識に口にする機会が多くなりがちです。

「不飽和脂肪酸」に関しては、オメガ9、オメガ6、オメガ3といった種類があります。

【オメガ9(オレイン酸)】
オリーブオイル、キャノーラ油、ごま油、米油、アボカド、アーモンド、マカダミアナッツなどに含まれています。一価不飽和脂肪酸とも呼ばれ、体内で合成出来ることから、あえて食事で積極的に摂る必要はないとも言われています。

ただ、加熱調理に向いている油ですので、オメガ6を減らす代わりに使用するのはオススメです。

【オメガ6(リノール酸)】
大豆油、ひまわり油、グレープシード油、紅花油、コーン油、市販のドレッシング、マヨネーズなどに含まれています。

日本人のほとんどが摂りすぎている油で、飽和脂肪酸と同様、血液をドロドロにします。また、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー症状の原因にもなると言われています。

リノール酸は植物性油で体に良いというイメージがあるかもしれませんが、実はその真逆なのです。

このオメガ6は普段の食事の焼き物や揚げ物のほとんどで使用されており、揚げ物の場合、1食で1日の必要量をオーバーしてしまいます。積極的に減らす意識が必要です。

【オメガ3(a-リノレン酸)】
亜麻仁油、エゴマ油、青魚、くるみ、サーモンなどに含まれています。一般的に日本人はこの脂肪酸が一番不足していると言われており、最も積極的に摂りたい油です。

オメガ3は血液をサラサラにして、細胞膜を柔らかくし、炎症を抑える作用があります。人間の体ではつくることの出来ない必須脂肪酸なので、積極的に摂る必要があります。

いかがでしたか?美人になるには、オメガ6の摂取を控え、オメガ3を積極的に摂ることが一番ですね。

ダイエット中に限らず…「植物油脂」にご用心

植物油脂という表示があると、体に良い印象があるかもしれませんが、実はトランス脂肪酸を含んでいることも多くあります。

トランス脂肪酸は欧米諸国で既に使用を禁止されている程、危険だと言われる油。しかし、日本ではまだ禁止されていないことから、見えない油として至る所に潜んでいます。ポテトチップス、マヨネーズ、マーガリンなどが代表です。トランス脂肪酸は体内消化が困難で、発がん性も危ぶまれます。

多くの加工食品に「植物油脂」と表示がありますが、原材料の一括表示には注意して油を選ぶようにしましょう。
関連キーワード

関連記事