冬の必需品! マフラーをして冷え性対策を万全にしよう

冬の必需品! マフラーをして冷え性対策を万全にしよう

寒い冬、“マフラー”は欠かせないアイテム。実は、マフラーは冷え性でお悩みの女性のとっても強い味方なんです。これを読めばマフラーが手放せなくなること間違いなし!
Sao

今年の冬は“マフラー”で冷え性対策を

みなさんは冬の外出時に“マフラー”をしていますか?
寒さ対策としていろいろなアイテムが発売されていますが、その中でもマフラーはとても効果的なアイテムです。
なぜなら人間の身体の熱は襟元部分から外に逃げ、また外からの冷たい空気が襟元部分から入り込んで身体を冷やしてしまうからだとか。

人間の身体には全身に血液が流れていますが、お腹や胸、内臓などの体幹部を冷やしてしまうと、血液の循環が悪くなるので身体が本能的に中心部を温めようとするそう。その結果、手先や足先などの末端まで血液が運ばれなくなり、“末端冷え性”になる可能性があると言われています。

そこで使ってほしいアイテムが“マフラー”なのです。
マフラーは、襟元から身体の熱が逃げないようにしてくれるので、体幹部の熱を逃がしてしまうということも少なくなります。
つまり、冷え性対策には手先や足先を温めるよりも、まず最初に首元を温めてあげるのが効果的だと言えるでしょう。

では、そもそも冷え性の女性が多いのはいったいどうしてなのでしょうか?
冷え性対策にはマフラーがおすすめ

マフラーをする前に! 自分の冷え性の原因を知ろう

周りを見てみると、冷え性はなぜか男性よりも女性の方が多い気がしませんか?
実はそれには3つの大きな理由があるそうなのです。

①男性よりも筋肉が少ない
人間の身体は、筋肉が動くことで熱がつくられて、カラダが温まるそう。女性はもともと男性より筋肉が少ない上、筋肉がつきにくい構造になっており、熱をつくり出す力が弱く、冷えやすいと言われています。
また、ダイエットで食事の量を極端に減らしたり、野菜ばかりとったりするなど、摂取エネルギーを極端に制限する女性も少なくありません。過度なダイエットをすると栄養不足になり、もともと少ない筋肉が減ってしまい、熱をつくり出す能力がさらに落ちてしまうことがあります。

②月経・子宮・卵巣が関係している
女性特有のはたらきといえば、月経。実は、月経の時は熱を運ぶ血液が多量に奪われるため、冷えやすいと言われています。

③薄着ファッションも冷え性の原因になっている
前述したように、女性はカラダのつくり的に冷えやすいと言われていますが、それにプラスして冷え性に拍車をかけている可能性があるのが薄着ファッション。カラダが冷たい外気にさらされたり、血流が悪くなったりして、冷え症が悪化する原因になりかねません。


冷えは女性の大敵です。
ぜひ今年の冬は“マフラー”を上手に取り入れて冷え性対策をしていきましょう。

関連記事