下地のBBとCC、DDと更に「EEクリーム」が登場!その違いは?

下地のBBとCC、DDと更に「EEクリーム」が登場!その違いは?

韓国で大ブームを巻き起こしたBBクリームからさらに進化したアルファベットクリームたちが次々と登場!気になる各クリームの特徴や違い、使い方をまとめてみました。

下地の定番、BBクリームのおさらい

BBクリームの「BB」とは、Blemish Balm (傷んだ肌を修復する軟膏)を意味していると言われています。
もともとは医療用の化粧品。ピーリング後の肌の炎症を抑え、赤みをカバーする保護クリームとして使用されていたのだとか。肌に優しく、毛穴やシミもカバーでき、保湿も期待できます!ニキビや吹き出物が気になる20代にオススメ。

スキンケア出来る下地、CCクリームとは

CCクリームの「CC」は、Color Control (肌色を調整)やComplete Correction(完璧な補正)と言われています。
BBクリームよりも軽い仕上がりで高いスキンケアが期待できます。肌の欠点を光の反射でカモフラージュし、肌色を均一にしてくれるのだそう。素肌感のあるナチュラルな仕上がりにしたい人はCCクリームがオススメ。

乾燥肌さんにおすすめの下地はDDクリーム

BBクリームやCCクリームより馴染みのない人も多いかもしれませんが、DDクリームの「DD」は、Dynamic Do-All(強力なオールインワン)やDaily Defense(日常的な保護)と言われています。
アメリカ発祥と言われるDDクリームは、BBクリームと似たテクスチャーで保湿作用が抜群なため、乾燥肌さんにオススメだそう! その他にUVカットや抗酸化成分が配合されているのでアンチエイジング作用も期待できます。また、顔だけでなくヒジや膝などの乾燥が気になる部分にも使用でき、幅広く使えるのも魅力的です。シミやくすみ、乾燥が気になる方にオススメ。

下地の新定番?! 「EEクリーム」とは

今話題沸騰中のEEクリームとは、Ever Effect(さらに効果的に)やEnergy Enchancer(増強)を意味しているのだとか。つまり、B〜Dのクリームの良さを全て兼ね備えた最強クリームなのです!
乾燥肌さんや脂質肌さん、混合肌さんもこれ一本でカバー力、紫外線予防、保湿などの美容成分、アンチエイジング成分が配合されているので、朝の忙しい時間もスーパー時短!また、肌を活性化させ、ツヤや弾力のある肌へと導いてくれるのだとか。透明感もカバー力もあるので、両方欲しい!という欲張りさんにオススメ。

どうでしたか?
これらの違いを自分の肌の悩みと照らし合わせて、お肌を自由自在にコントロールしてみましょう!

関連記事