手荒れのタイプ別! 冬のハンドクリームを選ぶ時のコツとは

手荒れのタイプ別! 冬のハンドクリームを選ぶ時のコツとは

寒い冬は、顔の乾燥だけではなくて手荒れも気になる季節。そんな時のマストアイテムが「ハンドクリーム」ですよね。あなたは選ぶ時のコツを知っていますか?

冬はハンドクリームが手放せない! 上手に選んでケアしよう

皆さんはハンドクリームを選ぶ時、どうやって決めていますか? ドラッグストアなどではたくさんのハンドクリームが発売されていて、何を選んだらいいのかわからないなんて経験がある方も多いかもしれません。

実は手荒れには4タイプあると言われていて、それぞれ選んでほしいハンドクリームが違うんです!
是非、自分の手荒れのタイプを知り、自分に合ったハンドクリームを使うようにしましょう。
手荒れケアに必須のハンドクリームの選び方

手荒れにはタイプがある?! あなたに合うハンドクリームとは

【寒さで乾燥しているタイプ】
これから寒い冬がやってきます。冬の寒さによって粉がふいてしまったり乾燥している場合はこのタイプの可能性があります。そんな人は、保湿系のセラミドやヒアルロン酸など保湿成分入りクリームを試してみてください。保湿力に効果的だと言われる成分が、あなたの乾燥を和らげてくれるでしょう。また手を洗った後など、マメに塗り直すことも大切です。

【冷え性タイプ】
冷え性が原因で手が乾燥していると感じる人はこちらのタイプかもしれません。そこでおすすめしたいのが「ビタミンEなどの成分が含まれるハンドクリーム」です。ビタミンEなどの成分が配合されているハンドクリームは、血行促進が期待できるといわれており、冷え性さんにはもってこいなのです。また、血行促進の為にはハンドクリームを塗る際に、手を揉むなどのマッサージをするのも効果的です。

【角質が硬くなったタイプ】
かかとの角質ケアはしていても、手の角質ケアは怠っている人も少なくありません。手の角質がガチガチに硬くなってしまっていると感じる人はこちらのタイプの可能性が! このタイプの人は、「尿素系や尿素配合のハンドクリーム」がおすすめ。
尿素は角質を柔らかくするのに効果的だと言われています。また、お風呂でのスペシャルケアとして、ボディ用のスクラブで週1、2回角質を除去してあげるのもおすすめです。

【ひび割れ・あかぎれのタイプ】
水仕事が多い主婦の人に多いのがこのタイプの手荒れです。ひどい場合だと血が出てしまうこともありますので、適切なケアが大切。ひび、あかぎれなどと商品に書かれているものを選ぶのが良いでしょう。


あなたはどのタイプでしたか?
女性の手は意外と見られているものです。
きちんと自分の手荒れのタイプを知り、ケアしていきましょう。

関連記事