首の正しいケアが見た目年齢を左右する?!   3つの対策とは

首の正しいケアが見た目年齢を左右する?! 3つの対策とは

あなたは首のエイジングケアをきちんとしていますか? 顔だけではなくて首のケアもしっかりすることが女性の若々しさを保つ秘訣なんです。

意外と知らない! 首の正しいケア方法

エイジングケアといえば、顔のシワ、シミ、ハリ、くすみなどを思い浮かべるでしょう。
もちろん、顔のケアも大切なのですが、忘れてはいけないのが首のケア。
特に冬は顔と同じようにシワが気になる季節です。また、30代後半になってくると女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が徐々に減少すると言われていて、エストロゲンが減ると肌のハリを保つコラーゲンなどの合成が減ってしまうことから、顔がたるみやすくなるとか。そのたるみによってアゴのラインが下がってくると、首の皮膚も影響を受けてシワが深まってしまうことがあります。

そもそも、首の皮膚は目元と同じくらいの薄さだと言われています。
また、首は頷いたり、振り返ったりと何かと動かすことが多いので、シワができやすい箇所だそう。

では、首のケアは顔と同じようにしていてもいいのでしょうか?
実は、「首の正しいケア方法」というものがあります。
あなたもきちんと首のケアをし、若さを保ちましょう!

見た目年齢を左右する、首の正しい3つのケア方法

対策1. 徹底した保湿が重要
首の皮膚はとても薄いので乾燥しやすいと言われおり、顔と同じように保湿していては足りません。つまり、朝と夜の1日2回の保湿ではダメなのだとか。ですので、日中もマメに保湿クリームを塗るように心がけましょう。プチプラのクリームなどを持ち歩き、仕事中や外出先でも気づいた時に塗ってあげるといいかもしれません。また夜のスキンケアをした後、就寝前にもう一度保湿クリームを塗るのがおすすめです。塗り方としては、横に滑らせるようにするのが効果的ですよ。

対策2. 首のUV対策は1年中してほしい
顔には日焼け止めを1年中塗っているという人も多いかもしれませんが、首の日焼け止めもお忘れなく。顔と首の肌の色が違うなんてことも起きるので気を付けて下さい。紫外線を浴びると肌のハリに重要なコラーゲン等がダメージを受けると言われていて、シワに繋がる可能性があります。ですので、顔だけでなく、首にも日焼け止めを塗るようにしましょう。

対策3. 枕の位置が首のシワに影響を与える
首にシワを作りながら寝ているとその形状が定着してしまうことがあります。ここで重要なのが枕の位置です。枕に頭だけを乗せて寝ている人が多いかと思いますが、首にシワを作らないためには枕は肩から当てるように心がけて下さい。すると、首が自然に支えられてシワが出来にくくなるそう。ですので、高さがある枕はおすすめできません。比較的低めの枕をチョイスするようにしましょう。


毎日の心がけがあなたの見た目年齢を若返らせてくれるかも?!
是非、試してみて下さい。

関連記事