ダイエット効果UP! スクワットを効果的に続ける3つのコツ

ダイエット効果UP! スクワットを効果的に続ける3つのコツ

美BEAUTEで取り上げることが増えてきたスクワットですが、身体が慣れると飽きてきてしまうものです。そうならないように、スクワットを続けるコツをご紹介します。

スクワットダイエットは手軽な反面、飽きやすい

スクワットダイエットで美脚・美尻に
スクワットはスペースも取らず、身体ひとつで実行できる筋力トレーニングです。代謝アップや脚の引き締めに効果抜群なのですが、身体が慣れると物足りなくなってきたり、飽きてしまいがち。そんな頑張り屋さんのために、もう一歩進んだスクワットのコツをご紹介したいと思います。

1.脚を休ませない、厳しめスクワット
美BEAUTEで今までご紹介してきたスクワットは、直立→脚を曲げる→元に戻る、の繰り返し。このサイクルに余裕が出てきたら、ちょっと脚をいじめてみましょう。脚を曲げて元に戻る際、完全に脚を伸ばしきらずにまた脚を曲げる動作に移るのです。試してみると結構厳しいので、回数を小刻みに分割したりして始めてみましょう。

2.手を置く位置でスクワットはさらに効果的に
スクワットをするとき、手はどこに置いていますか? 実は、手をどこに置くかで変わってくるんです。
負荷が強い順に並べると、頭の後ろ>胸の前>腰、となります。初心者の方は腰に手を置いて、慣れてきたら胸の前、頭の後ろと変えていくと効果大です。試しに、3つすべてを試してみると身体にかかる負担の違いがよく分かるでしょう。私も少し前からスクワットを始めたのですが、今は胸の前に手を置いています。

3.スクワットの種類を増やす
これまでご紹介してきたスクワットは、足を肩幅に開きつま先を正面に向けるもので、特にお尻に効果的です。ちょっとこれに飽きてきたという方は、違う種類のスクワットもやり始めてみてはいかがでしょうか。


では今までのスクワットに飽きてしまった方に!
女性たちの間で話題沸騰中の相撲スクワットについてご紹介したいと思います。

今話題の相撲スクワットでダイエットを成功させよう

●相撲スクワット(Wide Sumo squat)
・足を広めに、つま先を外側に向けて広げる:お相撲さんの四股をイメージ
・両手をお腹の上、または胸の前で組む
・腰をゆっくりと落とす:太ももが床と並行になるくらいまで
・可能であれば、ここで2~3秒静止
・元に戻る

この相撲スクワットは、内腿の引き締めに効果的です。「内腿がプ二プ二しているから引き締めたい!」という方におすすめです。注意点は、背筋を地面に対してまっすぐ保ったまま行うということ。フォームを時々確認しつつ行いましょう。

関連記事