アジアのOLさんはみんな持ってる?! 白花油という万能薬

アジアのOLさんはみんな持ってる?! 白花油という万能薬

肩こり、頭痛、虫さされ、打ち身、ねん挫など様々な症状に優しいアジアの万能薬を旅先で発見しました。

乗り物酔いからスッキリする白花油

この前フィリピンのセブ島に行った時、移動中に車酔いしたと言ったら運転手さんが「これ、いいよ」と貸してくれたのが小さな瓶に入った「白花油」。「匂いをかいでみて」と言われて試してみたら、メンソール系の香りにビックリしましたが、気分爽快。なんだかスッキリして、車酔いから復活。

「これはいい!」と運転手さんに教えてもらってドラッグストアで「和興白花油」なるものを購入しました。

白花油を虫さされ痕に塗ってみる

「和興白花油」の説明書を見ていたら、酔い止め以外にも頭痛、肩こり、鼻づまり、そして虫さされにもいいとのこと。確かに虫にさされた時に、ほんのちょっと付けただけなのに、かゆみが素早く飛んでよくなりました。虫さされの後、かき過ぎたりすると、跡になって肌にダメージを与えかねません。虫にさされたら、炎症を早くとることが何より大事。

これを塗っておくと、かゆみがおさまり、他の虫さされ薬よりも効果が長持ちするような気がしました。
実は1年中蚊がいるんです。そして温泉などで山などへ行った時に、虫さされには油断大敵です。虫にさされて掻き過ぎて放置してシミになることもあるので、ぜひ「和興白花油」でかきむしらないようにしたいところですね。
白花油説明書

みんな自分なりの使い方、白花油の万能っぷり

頭痛持ちだと手放せないとも聞きました。頭痛の時はこめかみに薄—く塗るだけ。喉が痛いとき、肩こりもこの薄く塗る方法でイケます。
たくさん歩いた時の足のマッサージオイルとして使う人、バスオイルに一滴たらす人、みんな様々な使い方をして満足度も高いもいようです。
何しろ入っている成分は、メンソール、ユーカリ、ラベンダーなどの精油のみなので、安心して使えると思います。


アジアの万能薬といえば、日本ではタイガーバームが有名ですが、こちらもなかなかの万能っぷり。中国のOLさんのバッグにはみんな入っているというウワサにもうなずけますね。
こちら、フィリピン、シンガポール、中国、台湾などでも買えるようなので、お土産としても重宝しそうです。

関連記事