ものぐさでも長続き! 骨盤調整するなら「寝ながら」がいい

ものぐさでも長続き! 骨盤調整するなら「寝ながら」がいい

骨盤がゆがんでいると良くないことは分かっていても、ストレッチやヨガはなかなか長続きしない…。でも寝ながらだったらどうですか?

骨盤のゆがみで怖ーいセルライトが溜まる

いつも左右同じ方で足を組んでしまう、同じ側でバッグを持ってしまう、片足に重心をかけて立つなどを繰り返すとバランスがいつの間にか崩れて骨盤がゆがんできてしまいます。
骨盤がゆがんでいると、セルライトが溜まりやすく、お尻や腰まわりはどんどん太くなると言われています。これは怖い…。
なかなか痩せない下半身太りの原因は、骨盤のせいもしれません。

超簡単!まさかの寝るだけ骨盤調整

骨盤調整をするストレッチやヨガのトレーニングはたくさんありますが、どんなに簡単なものでも毎日は長続きしない…。整体に行けば「姿勢良くしてね」と言われても長続きしない…。その時だけ姿勢良くしても骨盤調整にはなりません。
そこでどうしたら長続き出来るか考えた結果「何かしながら」だったら大丈夫なのでは?というものぐさな発想に行き着きました。
するとどうでしょう。寝る時に使う抱き枕で骨盤が調整出来るというではありませんか!

寝る体勢によって骨盤が決まる!

よく子供が抱き枕を抱いたような形で寝ていますが、あれも自然に骨盤を調整しています。リラックスして寝た状態で、抱き枕に手足をからみつければ、肩と骨盤が自然に補正されるという意見があるのです。

うつ伏せで寝たり、変な体勢で寝たりすると、ますます体が歪んでしまいます。特に仰向けに寝て、腰が浮いて、つま先が外側に向いている、という寝姿勢は腰がだるくなりがちです。
抱き枕を抱いて安定させると、自然に腰などをほぐす姿勢に導いてくれるというんです。
夜、抱き枕ですやすや寝るだけなら毎日出来ます。
左右のバランスが気になる方はぜひ試してみてください。


最近では寝ながら骨盤まわりを調整してくれる「骨盤おしりリフレ」も発売されました。こちらは立ったまま、座ったままでもオーケーです。こちらも寝ながらテレビ見たりして、使ってみたいですね。
関連キーワード

関連記事