無理せず自然にダイエット? プチマクロがヘルシー美人を作る?

無理せず自然にダイエット? プチマクロがヘルシー美人を作る?

ベジタリアンやローフード…現在たくさんの食事法が溢れています。
そこで、その中でも日本人に馴染み深いマクロビオティックを気軽に取り入れられる方法をご紹介します。

日本人に合ったダイエット方法!? プチマクロの本家本元、マクロビオティックって?

マクロビオティックは、日本で生まれたというのをご存知でしょうか? それから、アメリカでマドンナ等が取り入れたことから大流行となり、日本でも再び注目された食事法です。
菜食玄米が基本となり、一物全体(一つの食べ物はそのもの全体でバランスが取れた状態。皮まで頂く)、身土不二(くらす土地の旬のものを食べる)を二大原則とします。
全ての物事を陰陽に分け、その陰陽のバランスが取れた状態を目指していきます。
マクロビオティックでダイエット!

自然との調和を大切に。今日から簡単にできるプチマクロがダイエットに繋がる

とは言ってもなかなか実践するのが難しく感じるマクロビオティック。
ここで、私達にでも今から簡単に取り入れられる「プチマクロ」をご紹介します。

1.暮らす土地の旬のものを食べる
自然との繋がり、自然からの恵みには私達の身体と相性がいいものがたくさん。
夏野菜には私達の身体から熱をとってくれたり、冬の野菜には身体を温める作用があったり。
私達も自然の一部。だからこそ旬のものを頂く事は私達の身体にとっても必要なこと。
現在は育成方法の改良によって1年中食べられる野菜も多いですが、旬を知っておくことは大切なことです。
例えば、年中お手頃に食べる事が出来るバナナは、南国のフルーツなので、冬に食べ過ぎると身体を冷やしてしまいます。
そしてそんな野菜や果物の移り変わりは私達に季節の変化を教えてくれます。

2.出来るだけ自然のものを食べる
加工品や、添加物等手を加えて作られたもの。
それは本来自然界にはなかったもの。と考えると元来私達の身体には不必要なものかもしれません。

3.動物性のものを食べ過ぎない
マクロビでは動物性のものを完全に禁止はしていません。
ただし、農耕民族だった私達日本人は動物性蛋白質の過剰摂取は必要ないのかもしれません。
もし何気なく毎日動物性のものを摂取していたのであれば少しだけ減らしてみるのもオススメです。

You are what you eat 意識を変えてこそダイエット

私達は食べたもので出来ています。
バランスを大切にしているマクロビオティック。
現代のこの忙しい生活を送る私達にとって、マクロビオティックを完璧に実践する事はもしかしたらバランスが良いとは言えないのかもしれません。
だからこそ、今の生活の範囲で無理しない程度でのプチマクロ。
そんなゆったりとした心がけが私達をヘルシー美人に導いてくれるのかもしれませんね。

関連記事