ストレスが老化を促進!? アンチエイジングに必要な心掛けとは

ストレスが老化を促進!? アンチエイジングに必要な心掛けとは

女性にとって永遠の課題であるアンチエイジング。その大きなカギは意外な所にあったのです。

ストレスがアンチエイジングの大敵になっている?!

朝起きたら一杯のスムージーを飲んで、軽い運動に半身浴やフェイスパック、しっかりメイクをしてヒールを履いて会社に出社。
帰宅後も半身浴をして、マッサージをして…。
情報で溢れてしまっている世の中、いつの間にか自分で作った毎日のルールでいっぱいいっぱいになっている方も多いのではないでしょうか。とはいえ、忙しい毎日の中にはそれがきちんと出来ない日もありますよね。そんな日には自分を責めてしまう事も…。(私自身もOL時代はよくありました。)
実はそのがちがちに作ってしまったルールこそが、私達の老化を促進させていたのです。

朝起きても取れない疲れこそ、アンチエイジングの大敵

私達の身体は「何かをしなくては」と思うと無意識に強張ってしまいます。ストレスがかかると自然と首や肩に力が入ってしまうことがあります。
「いや、これは綺麗になりたいからやっているの! ストレスなはずがない!」と、思っているあなた。
例え「ストレス」と認識していない程度の事であっても、「何かをやってやろう」と意気込んでいる時は自然と体に力が入っているものなのです。
私達人間にとって、首は最大の急所だからこそストレスがかかると本能的に守ろうとして肩に力が入ります。
そしていつの間にか癖になってしまい、そんな首のコリは顔に繋がり、眉間には深いシワが刻まれるなんてことも…。
また、硬くなった上半身が原因で呼吸は浅くなり、眠っていても疲れの取れない日々が続いたりするのです。

「まいっか」がアンチエイジングへの鍵になる

そんな私達の救世主!それが「まいっか」という心掛けです。
「出来なくても、まいっか」「やらなくても、まいっか」と安心出来ていれば、私達の身体からは自然と力みは抜け、コリは出来なくなり、表情は柔らかいものに。
そして深くなった呼吸のおかげで深くなった睡眠のおかげで私達の身体の回復力は格段に良くなっていきます。
アンチエイジングのカギはリラックスにあった

アンチエイジングに大切なのは「やるぞ!」と「まいっか」のバランス

もちろん、私達にとって何かをやろう!という気持ちはとても大切。
だけれども、その思いは知らず知らずの内に私達を苦しめてしまうのです。
だからこそ、それが出来ない日があっても、「まいっか」と思ってあげる事。
そのバランスこそが実は一番大切なのです。

いつの間にか、頑張る事だけが正解だと植えつけられてしまった私達の身体は知らず知らずの内にコリでいっぱい。
だからこそ、そんな自分に「まいっか」と言ってあげること。
そんな緩さがアンチエイジング最大の鍵になるのかもしれませんね。

関連記事