自分を綺麗にする事もヨガ!? 芯のあるしなやか美人へのヒント

自分を綺麗にする事もヨガ!? 芯のあるしなやか美人へのヒント

どんなに忙しくても輝いている女性は美しい。
それは子育てや家事、ぶれない軸があるからこその美しさ。
しなやか美人を作り出すコツがヨガの教えにありました。

しなやか美人への一歩はヨガの哲学に書いてあった

ヨガというとポーズをとる事…が思い浮かびますが、実は、ヨガには私達が心地よく生活する為のたくさんの哲学があります。
その中の最初の基盤には、ヤマ(やった方が良いこと)とニヤマ(やらない方が良いこと)が示されているのです。
そんなやった方が良いことの一つである「心も身体も清浄にしていくこと」には、どんな良いことがあるのでしょうか?

ヨガの魅力① 身体のキレイが芯の強さを作り出す

やった方が良いことを「シャウチャ(清浄)」と言います。
これは、ヨガの哲学で基本となる「清浄、清潔にする」ということを指しているのです。

身体の中に入れる、食べ物をきちんと選んでいますか?
適当な運動をして身体の中の循環を良くしていますか?

身体を清潔にしておくことは、私達が自分自身の芯を大切にする為に必要な基盤。
テスト勉強中に机の周りが汚れていると、ついつい気になってしまうのと同じように、私達が心に、身体に意識をきちんと向けていく為には物理的に不要なものは落としておく事がとっても大切なのです。
私自身、ヨガをすることで身体に入れるものは自然と意識するようになりました。

ヨガの魅力② 心のキレイがしなやか美人を作り出す

ネガティブなことを考えている時、ネガティブな言葉を発している時、どんな表情をしていますか?
その時見える世界はきらきらしていますか?

私達がみている世界は、私達の見方次第で変わっていくもの。
何かの愚痴や悪口、噂話ばかりで頭や心がいっぱいになっていると、周りの世界もそんな事ばかりに目が行ってしまうもの。
だからこそ、なるべくそんな感情は手放しておくこと。
それが私達の顔を生き生きとしたものにしていくのです。
芯のあるしなやか美人へのヨガのヒントとは

内面が身体に現れるからこそ、ヨガが芯のあるしなやか美人を作り出すのかも

私達自身の身体と心を清浄にしておくことも大事なヨガの教え。
だからこそ、身だしなみを整え、身体に入れるものを吟味して、ネガティブな事はなるべく手放していく。
どんなに忙しい毎日でも「私らしい芯」をきちんと保つために今日から出来る簡単なヨガの教え、実践していきたいですね。

関連記事