目の形で似合う色が違う!?  自分に合うアイシャドウを見付けよう

目の形で似合う色が違う!? 自分に合うアイシャドウを見付けよう

アイシャドウの色選び、どうしていますか? 好みのものをチョイスするのも良いのですが、自分の目の形に合わせて選ぶとあなたの美しさをより引き出してくれるんです!
Sao

アイシャドウの色使いをマスターして目元美人に

顔の印象を左右するアイメイク、その中でも特に重要なのが「アイシャドウの色」かもしれません。自分に似合うメイクをしているのが綺麗に見せるポイントです。では、ブラウン、ゴールド、ピンクや青など、さまざまな色のアイシャドウがありますが、何を基準に選んだら良いのでしょうか。
それは、自分の目の形で判断するのが良いと言われています。
というのも、人の目の形はそれぞれ違っていますが、大きく「一重」「二重」「奥二重」の3種類に分けられますよね。この3種類、皆さんもご存知のように瞼の幅が違っています。ということは、アイシャドウが見える範囲も違うということ。ですので、この3種類の目の形によって似合う色も変わってくるのです。

あなたも自分の目の形に合わせて、似合う色を見つけましょう!
自分の目の形に合わせて、似合うアイシャドウを選ぼう

目の形別! あなたに似合うのは何色のアイシャドウ?

それでは、3種類の目の形に合わせて似合う色をご紹介します。

【一重の人におすすめのアイシャドウ】
一重の人のお悩みといえば「腫れぼったく見えること」ではないでしょうか。
NGカラーは暖色系のピンクやオレンジ、薄いブラウンなど。暖色系で肌馴染みの良いものは肌と同化してしまい、瞼を腫れぼったく見せてしまうのです。
そこでおすすめなのが、濃いブラウンやカーキ、グレーなどのすっきりとした印象を与える色です。
また、パールが入っているものも瞼を膨張して見せてしまうことがあるのでマットなものを選ぶようにしましょう。

塗り方にもコツがあり、いくら瞼で隠れてしまうからと言って幅広に塗るのはNGです。目を開いたときに2mm程度、色が見える位が目をパッチリ見せるポイントです。

【二重の人におすすめのアイシャドウ】
「派手な印象」になりがちな二重の人は、青や紫、グレーなど濃いめのカラーをチョイスすると厚化粧に見られる可能性があるので、避けた方が良いでしょう。
柔らかい印象を与えたい場合は、ピンクや薄いゴールドなど、クールな印象を与えたい場合は薄いブラウンなどがおすすめです。

塗り方は、瞼の上で同系の3色を使ってグラデーションを作るようにしましょう。アイホール全体に最も薄い色、アイホールの7割に真ん中の色、そしてまつ毛に近い所に最も濃い色を塗るようにすると綺麗な目元が作れますよ。

【奥二重の人におすすめのアイシャドウ】
一重の人と同じく、こちらのタイプの人も「腫れぼったく見えること」でお悩みの人が多い。ですので、色は一重の人と同じく濃いブラウンやカーキ、グレーなどのすっきりとしたものを選ぶようにしましょう。
アイシャドウのよれが気になるのもこちらのタイプなんです。
ですので、奥二重の人はウェットタイプのアイシャドウをチョイスするか、アイシャドウ用の下地をアイシャドウをのせる前に塗るとよれにくくなります。

塗り方は、二重の人と同じように3色でグラデーションにするとより美しい目元が演出できるのでおすすめです。

関連記事