時短ケア!髪を速く乾かす方法

時短ケア!髪を速く乾かす方法

女性らしいロングヘア。しかし乾かすのには時間がかかり、大変ですよね。そんな方に朗報!!髪を速く乾かす方法をお教えします。

髪を速く乾かす方法があった!時短ヘアドライ術

女性にとってストレスになるのが、髪の毛を乾かすのにかかる時間。どうにかして速く乾かしたいですよね。
特にロングヘアさんには朗報!速く乾かす裏技はこちら。

【タオルドライ】
時短の為にはドライヤーを使う前に、タオルドライで髪の水分をできるだけ摂る事が重要です。
①洗髪後、毛束を手で絞り、水気をよく切る。
②乾いたタオルを頭に当てて、指の腹で小刻みに動かすようにして、地肌と髪の根元の水分を拭き取る。
③髪の中間から毛先は、タオルで毛束を挟んで優しく抑えて水気をしっかりとる。
※爪を立てたり、ゴシゴシこするのはNGです

【裏技①ティッシュドライ】
髪を乾かす前にティッシュで毛束を挟んで軽くおさえると、タオルドライで取り切れなかった水分もしっかりとってくれるので、ドライヤーの時間を短縮できます。ロングヘアさんは、キッチンペーパーを使用するとより吸収率がUPするのでオススメです。

【裏技②洗面所で乾かさない】
お風呂上がりのバスルームや洗面所は、上記が充満し湿度がとても高いです。そんな所でドライヤーをしてもなかなか髪は乾きません。なるべく湿気の少ない場所でドライヤーを使いましょう。

【裏技③タオルをかぶって乾かす】
乾いたフェイスタオルを頭にかぶり、その上からドライヤーをあてて乾かします。タオルに水分を一旦吸収させ、その水分をドライヤーで蒸発させるので、タオルの中がからっとした状態になり、ドライヤーの使用時間がいつもの半分ぐらいまで短縮できます。この方法で9割ほど乾かしてから、最後にブローをしましょう。

【裏技④マイクロファイバー素材を使う】
吸水性に優れたマイクロファイバー素材のタオルやターバンなどをつかうと、それだけで髪の水分をとってくれます。
この状態でスキンケアやボディケアを行い、その後にタオルを取れば、水分がかなり吸収されています。


お金をかけずに、時短!また、ドライヤーの使用時間が短縮させるので節電にもつながります。是非、実践してみて下さいね。

関連記事