【デトックス野菜】冷え性・貧血のお悩み解決!

【デトックス野菜】冷え性・貧血のお悩み解決!

女性に多い冷え性や貧血の悩み。
体を温める作用のある野菜で血行を促し、体をポカポカにしましょう。

冷え性にはビタミンEと硫化アリルが含まれる野菜を!

冷え性で悩む女性は非常に多いですよね。冷えは、血流が悪いために、手先や足先に血液が行き届いていないことから起こります。血行を促す野菜を食べて、血液を巡らせれば、冷えも改善。そのためには、ビタミンEや硫化アリルを多く含む、ネギやニンニクをとると効果的です。硫化アリルには、血液をサラサラにして血行を促す作用があるため、速攻で冷えをとることが出来る優秀な栄養素です。また、野菜の中でも根菜類は体を温める作用があるため、冷え性の人は出来るだけ根菜類を意識して食べるようにしましょう。

【オススメ食材】

■ 生姜
生姜に含まれるシンゲロン、ショウガオールといった体を温める有効成分が血行を促進し、体をポカポカにしてくれます。

■ ニンニク
硫化アリルの一種であるアリシンを含み、毛細血管を広げて体を温める作用があります。また、におい成分の1つであるスコルニジンは新陳代謝を活発にします。

■ 玉ねぎ
玉ねぎを切ると涙が出る辛み成分、硫化アリルが血行不良を改善し、冷えを解消します。

■ 長ネギ
長ネギには、血液をサラサラにして血行を促す硫化アリルがたっぷり含まれています。即効で体を温めるので、免疫機能もアップ。

■ ごぼう
寒い冬に収穫される野菜には、体を温める作用があります。特に根菜類はおすすめ。ごぼうは冬の強い味方です。

■ カボチャ
カボチャはビタミンEを豊富に含み、血行を促進して体を即効で温める作用があります。

貧血には鉄分を多く含む野菜を!

貧血は、血液中の赤血球が少ない状態を表します。赤血球は体の細胞に酸素を運ぶ大切な役割を担っているので、これが不足すると体内の細胞が酸欠状態になり、だるさや頭痛などの様々な症状を引き起こす原因となります。

貧血の中でもっとも多いのは、鉄分欠乏症の貧血です。食事では鉄分を多く含むものを取り入れ、併せてビタミンB12や鉄の吸収を助けるタンパク質なども一緒にとるようにしましょう。

【オススメ食材】

■ 切干し大根
切干し大根100gあたりの鉄分量は、生の大根に比べて約16倍も多く含まれています。少量をとるだけでも鉄欠乏からくるめまいや肌荒れを改善できます。

■ ほうれん草
造血に必要な鉄と葉酸を含んでいます。また、鉄の吸収を高めるビタミンCも含んでいます。

■ 小松菜
ほうれん草に負けないくらい鉄分が豊富なうえ、その吸収を助けるビタミンCも含んでいます。

■ ブロッコリー
豊富なビタミンCを含むほか、鉄や葉酸も含む、貧血改善のお助け野菜。
葉酸は、赤血球の合成には欠かせない栄養素なのです。

■ ひじき
ひじきには、貧血改善に必須の鉄分が豊富に含まれています。鉄の吸収を高めるビタミンCが豊富な野菜と一緒にとると、より効果的です。
関連キーワード

関連記事