肌の「強いor弱い」は何で決まる? 自分の肌の強さを知ろう

肌の「強いor弱い」は何で決まる? 自分の肌の強さを知ろう

肌の強さ何で判断したらいいのでしょう? もしかしたら自分では強いと思っていても、実は弱いなんてことも。自分の肌の強さを知り、適切な美容ケアをしていきましょう。

年齢と共に変わる肌。自分の肌の強さを知ることが大切

「私、肌が弱いんです」なんて声をよく耳にします。「肌が弱い=荒れやすい」ことが多く、肌が弱い人は強い人に比べて化粧品やスキンケアが合わずに肌荒れに繋がることが多々あります。
では、その自分の肌が強いかどうかは、どのようにして判断したらいいのでしょうか?
しかも、肌質というのは、年齢を重ねることで変化することがあると言われています。
ですので、以前は肌が強かったけれど、年齢と共に肌が弱くなり、実は敏感肌用のケアをした方が良いなんてこともあるのです。
自分の肌がどのような状態なのか知り、適切なケアをすることがあなたのキレイを保つ秘訣になりますよ!

自分の肌の強さは? 当てはまる人は要注意です!

◎季節の変わり目に感じる肌の不調
季節の変わり目は、肌にとっても注意が必要です。というのも、例えば本格的な冬が始まると、それまでは潤いがあった肌も急激な乾燥に悩まされることがあります。そんな時、肌はストレスを感じて本来持っているバリア機能が低下し、炎症などの肌荒れが生じることがあるのです。普段の自分を思い返して、季節の変わり目に肌の不調を感じる方は肌が弱い可能性があります。

◎基礎化粧品やファンデーション、化粧下地などを変えた時の肌荒れ
少し前述しましたが、普段使っている化粧品から新しいものに変えた時、肌が荒れる時があります。これももしかしたら肌が弱いという信号かもしれません。最初の1週間ほどで肌荒れが落ち着くこともあるのですが、長く使っても肌荒れが改善されない場合は、配合されている成分のどれかがあなたの肌に合っていないのかもしれません。肌が弱い人は、強い人と比べて肌に合わない成分が多いとも言われています。肌に優しいものや無添加、オーガニックのものなどを選ぶようにすると良いでしょう。

◎人から「疲れてる?」なんて言われたことがある人
仕事が忙しい、寝不足、生活習慣が乱れている場合、肌も疲れを感じているかもしれません。心や体がストレスを感じることで、目の下のクマや顔のくすみなど、肌の不調に繋がっている人は、肌が弱い(弱っている)可能性がありますよ。自分の好きなことをするなどしてストレス解消を図ることが必要不可欠です。たまには自分自身を甘やかしてあげることも肌の為には大切なのです。

関連記事