朝の身体の冷えを即座に撃退する食べ物は、ズバリ〇〇!

朝の身体の冷えを即座に撃退する食べ物は、ズバリ〇〇!

冬場の朝は本当にツライもの。起きてからも体温が上がらず、末端の冷えに震えて出勤…なんていう方も多いのでは? そんな朝冷えは〇〇を食べることで解消出来るんです。

冷えを撃退する意外な食べ物は〇〇!

朝から体温が上がらず、末端の冷えに悩む方の多くが食べていないもの、それは何だと思いますか?
それはズバリ「朝食」です!
意外に思うかも知れませんが、事実朝食を食べずに出掛けると、いくらムートンブーツを履いたり保温インナーを着用したりしても、少なくともランチを食べる時間まで中々末端の冷えは解消出来ないと言われているのです。

それは、実に簡単で当たり前の話。
前日の夕食以降何も食べていない身体は間違いなくエネルギー不足に陥っています。朝食を食べる習慣が無い方は感覚が鈍くなっている可能性があるので、あまり空腹を感じない場合もありますが、身体は確実にエネルギー不足。
身体を温める為のエネルギーが無いので、温まる筈がありません。さらに、冷えた身体というのは血流が悪くなっていて温まりにくい上に、そもそも冷えた血液が循環しているので温まりようがないのです。

冷えを解消するのにオススメの朝食メニュー

この時期になると、朝カップスープを飲むテレビコマーシャルがよく流れていますよね。あれを見ていると、スープって手軽で重たくもなく、良さそうにみえますが、でも、ほとんど水分しかない粉末タイプのスープは残念ながら力不足。一瞬身体が温まった気はしても、お腹の中で冷めるとそれはもうただの水分でしかなく、身体に熱を生むカロリーが圧倒的に足りません。
もしスープを飲むなら、具沢山のおかずスープにしましょう。たっぷり具材の入った温かいスープなら、消化活動が始まって胃腸が良く動き、身体が内側から温まるのです。

白米も冷え対策には効果的

また、エネルギーに変わりやすい炭水化物で、腹持ちの良い白米もオススメです。おかずにタンパク質である卵焼きや焼き魚などがあればベストですが、時間が無い時は、ご飯に佃煮やふりかけなどを添えたものやおにぎりでも構いません。
おにぎりの場合は、軽く温めて食べましょう。
同じ炭水化物のパンも悪くはないのですが、カロリーの割には腹持ちが良く無いので、体型キープの観点から見ても、朝は白米がオススメです。

しっかり朝食習慣をつけて、冬の朝の冷え、そして冷え性を乗り切りましょう!
和食の朝食が理想的
関連キーワード

関連記事