働く女性の救世主! 肩こり・目の疲れにピッタリの野菜たち

働く女性の救世主! 肩こり・目の疲れにピッタリの野菜たち

今や女性も働く時代。仕事に家事に毎日疲労が溜まっていくばかりですね。
今回は、そんな日々頑張って働く女性のための、肩こり・目の疲れに効く野菜をご紹介致します。

肩こりにはビタミンEが含まれる野菜を!

肩こりの原因は、筋肉がこわばって血流が悪くなることが原因とされています。よって、血流を良くするのが一番なのですが、食べ物からは、血行を促すビタミンEや、血管を強くするルチンなどの栄養をとると効果的です。

また、筋肉不足の人は血行が悪くなりやすいので、筋肉の材料となるタンパク質の補給も心掛けましょう。

【オススメ食材】

■ ごま
血行を促すビタミンEを豊富に含んでいます。また、疲労回復に効くビタミンB1・B2なども豊富なので、肩こりにはもってこいの食材です。

■ くるみ
血行を促進するビタミンEが豊富で、血液をサラサラにします。血行不良からくる肩こりに良いだけでなく、首や肩などの筋肉の緊張から起こる頭痛や冷え性にもおすすめ。

■ 赤パプリカ
赤パプリカには、ピーマン約5倍のビタミンEを含んでいます。さらに、赤パプリカに含まれるビタミンPは、血管を強化し、血行を促進する作用があります。

■ にら
にらに含まれるにおい成分アリシンは、血行を促進する作用があります。疲労物質を分解して固まった筋肉をほぐすので、つらい肩こりを和らげる作用があります。

目の疲れにはカロテンを豊富に含む野菜が決め手!

デスクワークで一日中パソコン仕事をしていたり、ドライアイで悩まされるなど、日々の生活の中では、目の疲れがどうしても出てしまいがち。そんな目の栄養素となるのは、なんといってもβカロテンです。βカロテンは体内でビタミンAに変わるので、目の網膜を健やかに保つ作用があります。

また、ポリフェノールの一種であるアントシアニンは網膜の血行を促す作用があるので、こちらもあわせてとりたい栄養素です。

【オススメ食材】

■ カボチャ
かぼちゃにはβカロテンが豊富です。βカロテンは体内でビタミンAに変わるので、目の粘膜を保護し、網膜の健康を保つ働きがあります。

■ なす
皮の部分にはアントシアニンが含まれ、目がチカチカするなどの眼精疲労のツライ症状をやわらげる働きがあります。

■ 青じそ
青じそもβカロテンを豊富に含んでいる食材。さらに、目の健康を守るビタミンB1も多く含まれています。

■ バジル
バジルにもβカロテンが豊富に含まれ、目の網膜を守る働きがあります。ドライアイにも効果的なので、炒め物などと一緒に入れて食べましょう。

関連記事