シリコンシャンプーは体内に溜まる? 都市伝説の真相は

シリコンシャンプーは体内に溜まる? 都市伝説の真相は

「働く大人の女の子のごほうびマガジンROLA(ローラ)」より、諸説ある「頭皮のケア」の真相をドクターが教えます。
頭皮ケア・シャンプーのシリコンや界面活性剤論争があるけれど、結局何がいいの?

シャンプーのシリコンや界面活性剤論争があるけれど、結局何がいいの?

今やシャンプー業界でも、オーガニックやノンシリコンが主流に。シリコンってそんなによくないもの?

「よく聞くのは『シリコンは経皮吸収されて羊水に溜まる』という話ですが、体内に入って溜まることはありません。ただし、シャンプーは毎日のように使うものですから、きちんと洗い流さなければシリコンの有無にかかわらず、毛穴を詰まらせます。頻度や使い方が問題になるのでしょうね」(おさめスキンクリニックの納さつき院長)

でも大概のノンシリコンシャンプーって、キシキシする気もします……。

「シリコンは髪をなめらかにしてくれますからね。洗浄成分としてではなく、長い髪やきしむ髪の摩擦保護としては評価できます。ただし、頭皮がきちんと洗浄でき、皮脂がバランスよく保たれると、ノンシリコンでもきしまなくなります。1日2日ではなく、数日間使い続けることで実感できます。ノンシリコンでもオーガニックでも、シャンプーはしっかりすすいで落とすこと。成分も大切ですが、きちんと洗い流すことも大切ですよ」

洗浄力の強い製品は使い方次第

高級アルコールなど、いわゆる界面活性剤で、強い洗浄力をもつシャンプーにも賛否両論がありますが……。

「界面活性剤の中には洗浄力の強いものと弱いものがあります。強い洗浄力をもつ高級アルコール系界面活性剤には、少量できちんと洗えるというメリットがあると思うんです。頭皮の脂や汚れをきっちり落としてくれますから。ただ、頭皮や髪のたんぱく質を変性させたり、バリア機能までも壊すことも。肌の弱い人やアトピー性皮膚炎の人には刺激が強く、かぶれることも多いようです」

いずれの成分にせよ、自分の頭皮に合うものを選んでほしいそうです。

「私は頭皮や髪のコンディションで使い分けています。普段は洗浄力があまり強くないシャンプーで、頭皮を優しく洗います。汗や汚れがひどいときは、洗浄力の強いシャンプーで、頭皮と髪を洗います。シャンプーが頭皮や肌に合わず、かゆみが出ている人も少なくありません。かゆみがひどいときは頭皮ケアも行っている皮膚科医にご相談ください」
シャンプー ディーパス
シャンプー ディーパス
刺激性成分を極力排除した、低刺激性のシャンプー。微細な泡が毛穴の汚れをしっかり落とす。頭皮にトラブルがある人や敏感肌の人でも安心して使える。美容業界でも話題のハーブ「宮古ビデンス・ピローサエキス」配合。ディーパスシャンプー 260ml ¥2,000(税抜き)※クリニックで販売。
■Profile
納さつき院長
おさめスキンクリニック
http://www.aobadc.com/
帝京大学医学部、同大学院卒業。同大学附属病院皮膚科、国立国際医療センター、都内美容皮膚科などでの勤務を経て、2013年に開院。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、医学博士。
「働く大人の女の子のごほうびマガジンROLA(ローラ)」
ランチタイムや通勤時間に楽しめる、女性向けコラムマガジン。無料読み放題のエッセイ、コミック、小説、ビューティ、グルメ&トリップ記事は、全てここでしか読めないオリジナルコンテンツです! 毎週プチプレゼントがあるのもお楽しみ。人気上昇中の注目アプリ!
★隔月のペーパーマガジンROLA(偶数月1日発売:定価¥620)も発行しています。

ROLAアプリ

関連記事