使い分ければデトックス美人! 常温ヨガとホットヨガの違いは?

使い分ければデトックス美人! 常温ヨガとホットヨガの違いは?

どんどん増えるヨガ人口。でも、いざ始めようと思うと、ホットヨガとヨガで迷ってしまうかもしれません。実はホットヨガと普通のヨガって別物。使い分けが大切です。

ホットヨガは大量の汗によるデトックス効果でスッキリ

ホットヨガは、ヒーターで温めていたり、岩盤で温めていたり、温め方はそれぞれですが、大量の汗をかくような環境で行うものの事を言います。
身体はすぐに温まるので、普段よりも身体は動かしやすくなります。
また、浮腫みがひどい方も水分が体内から出る為にすっきりとした感覚を味わいやすいです。
普段の生活でほとんど動いていない方、あまりにも冷えがひどい方の最初の一歩におすすめです。
ただしそんな環境で代謝の上がった身体は、普段よりも敏感な状態。
だからこそ、ヨガで行う事の多いダウンドッグや逆立ちのポーズ等、心臓よりも頭の位置が下になるポーズは頭に血がのぼりやすく立ちくらみ等の症状も起きやすくなる為に行わないホットヨガスタジオも多いのです。
さらに、当然汗をたくさんかいて湿った身体は滑りやすい状態。
手で身体を支えたり、バランス力を使うポーズを控える事もあります。
使い分ければデトックス美人!常温ヨガとホットヨガの違い

常温ヨガは自分自身の筋肉をしっかりと養うもの

ホットヨガは外部の熱で身体を温めるもの。
対して常温ヨガは自分身体の中から熱を生み出すもの。
常温のヨガではしっかりと呼吸をしながら(ホットヨガでは高温多湿の環境のため、呼吸が浅くなってしまう事もあります)、自分自身の筋肉をしっかりと養っていきます。
私達の身体で熱を生み出すのは筋肉。
中でもヴィンヤサヨガやフローヨガ等は呼吸に合わせて動き続けるスタイルの為、きちんと筋肉が使えていると驚くほどの汗をかくことが出来ます。
そして呼吸と共に養われる筋肉は遅筋と言って、細くしなやかな筋肉。
ムキムキとした速筋と違って、私達女性にピッタリな筋肉なのです。
さらに呼吸法や瞑想等、私達が日々を穏やかに過ごしていく手助けになる内容を行う事もあります。

ホットヨガと常温ヨガ、使い分けを大切にしてデトックス美人

日常生活ではかくことの出来ない量の汗をかくホットヨガで得られるすっきり感は何にも代えがたいものです。
でもそのスッキリ感にばかり頼っていると、いつまで経っても自分自身の筋肉を養うことが出来ません。
大切な事は何にも頼らず自分自身の身体で健康な状態に持っていく事。
だからこそ、使い分けを大切にして、デトックス美人を目指していきたいですね。

関連記事