ツライ生理痛・生理不順・PMSは、野菜を味方につけて解消しよう

ツライ生理痛・生理不順・PMSは、野菜を味方につけて解消しよう

生理前のイライラや生理不順…。女性特有の悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。今回は、そんな悩みを軽減するお助け食材をご紹介致します。

生理痛には、血行を促す野菜で痛みを軽減!

生理痛の場合は、血行を良くすることがポイント。経血がスムーズに排出されるようになると痛みは和らぐので、血行を促すビタミンEや生姜のジンゲロン、血液サラサラ成分の硫化アリルなどを含む野菜を積極的にとると良いでしょう。

【オススメ食材】
■生姜
体が冷えると血行が悪くなり、生理痛も悪化してしまう可能性があります。乾燥・加熱した生姜に含まれるジンゲロンという成分は体を温める作用が強いので、体を芯から温めてくれますよ。

■かぼちゃ
かぼちゃにはビタミンEが豊富に含まれているので、血行を促進し、生理痛を和らげる効果が期待できます。

■アーモンド
ナッツの中でも特にアーモンドはビタミンEをたっぷり含んでいますので、生理中も少しずつ摂るといいでしょう。

■長ネギ
長ネギに含まれる硫化アリルは、血液をサラサラにし、血行をよくして生理痛を軽減してくれると言われています。

もちろん、食べたからと言ってすぐに痛みが消えるわけではありませんが、これらの食材をたっぷりと継続的に食べることがポイントです。

生理不順には、ホルモンバランスを整える野菜を!

生理の周期が乱れるのは、ホルモンバランスが崩れているせいです。
日頃からホルモンバランスを整える食材を積極的にとる必要があります。

【オススメ食材】
■ごぼう
ごぼうにはアルギニンという成分が豊富に含まれ、ホルモンの分泌をスムーズにする作用が期待できます。また体を温める食材なので、冬には積極的にとりたい食材です。

■生姜
冷えて血行が悪くなると、ホルモンバランスも崩れて生理不順の原因になります。乾燥・加熱した生姜に含まれるジンゲロンによって、冷えの改善が期待できます。

■大豆
大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをして、生理周期の乱れを整える作用があると言われています。

PMSの改善には、カルシウム豊富な野菜を!

生理前、肌荒れやニキビに悩まされたり、イライラして人に当たってしまうなど、PMSで悩んでいる女性は非常に多いですよね。PMSを改善するには、生理不順の対策と同様、まずはホルモンバランスを整える食事を普段から心掛ける必要があります。

それに加え、カルシウムの多い食材を積極的にとりましょう。カルシウムには精神を安定させる作用があると言われているので、イライラやうつな気分を落ち着かせたり、ホルモン分泌を調整する効果が期待できます。

【オススメ食材】
■切り干し大根
切り干し大根に含まれるカルシウムは、大根の約23倍と言われていますので、積極的に摂取するといいでしょう。

■パセリ
PMSには肌荒れや不眠など様々な症状がありますが、イライラ防止にはパセリに含まれる豊富なカルシウムをとるのが効果的と言えます。

■クレソン
クレソンにはカルシウムが豊富に含まれているため、生理前のイライラ防止におすすめです。また、鉄分も多く含んでいるので、貧血や冷え性の予防にも効果が期待できます。

関連記事