爪も保湿ケアしてる? アラサーの爪は乾燥に弱いんです

爪も保湿ケアしてる? アラサーの爪は乾燥に弱いんです

ハンドケアをしていても、案外ケアを怠りがちな爪。でも指先まで美しい手を目指すには、爪の保湿は絶対に必要なケアなんです。

保湿ケアは爪にも必須

ハンドクリームをまめに使っている方も多いと思いますが、案外足りていないのが、爪の保湿ケア。乾燥するこの時期、特に老化の始まる30代の爪はちょっとケアを怠ると、縦のシワが生まれたり、ひび割れを起こしたりと、綺麗な状態に保っておくのが案外難しいんです。

ネイルをしていると、ある程度爪のアラは隠れますが、職場でネイルが禁止されている方など、自爪で過ごしている場合は、絶対にこまめなケアをしてください。ネイルをしている方も、きちんと爪の根元をケアしていくことで、ネイルを無理なく続けることが可能になるんですよ。

爪はどうやって保湿したらいいの?

爪は髪の毛と同じく、死んだ細胞だと言われています。ですが、爪が髪の毛と違うのは、その大部分が指に密着しているということ。つまり、手元が乾燥すると、爪も乾燥してしまうのです。

特に冬場は、空気が乾燥し、爪を通して、指先の水分も蒸発してしまいます。それを防ぐために、デイタイムと、おやすみタイムに分けて、爪が元気に美しくなるケアをお教えします。

昼間の保湿ケアは、生活を邪魔しないように

昼間はお仕事をされている方も多いかと思います。
オフィスなどで、あまり過剰なケアをすると、ベタついたりして支障が出てしまいますよね。

なので、昼間に仕事をされている方は、爪用に特別なネイルクリームなどを用意する必要はありません。
ベタつきの少ない普通のハンドクリームで良いのですが、塗り方にポイントがあります。

ハンドクリームを塗る時、おそらく多くの方が、手の甲にちょっとクリームをとって両手をすり合わせることで伸ばしているのではないでしょうか。でもこのやり方では、爪の塗り残しが案外多いのです。

また、爪の保湿と同時に大切なのが、爪のマッサージ。クリームを爪一本一本に少量ずつ乗せ、力を入れすぎないようにしてマッサージを施します。これだけで爪の健康状態は断然変わってくるのです。

もし余力があれば、爪の甘皮を柔らかくするネイルオイルを塗ってから、クリームを使うとベストですよ。

夜の保湿ケアは、ながら美容で贅沢に

夜自宅に帰ってからのケアは、贅沢に行いたいもの。
でも、家に帰ってから洗い物をしたり、お掃除をする方も多いかと思います。

そんな時は、何かを家事をしながらできる贅沢ケアで、爪だけでなく、手も丸ごと美しくなるような保湿ケアをしてあげましょう。

やり方は簡単。手と爪にワセリンやクリームなどをたっぷりと塗り、使い捨てタイプの薄手の手袋をはめます。さらに、洗い物をする際に使うゴム手袋をして家事をするだけ。

ゴムの保温効果で、クリームがじわじわと手に浸透し、ホットパックをしているような作用が得られるんです。

さらにもし不快感がなければ、寝る時にしっかりとハンドクリームやオイルなどを爪と手に塗りこんで、薄手の手袋をはめて眠るのも効果抜群です。

この手袋を使ったケア方法は、以前フラワーショップで働いていた私自身が効果を実証済み。冬場1日中続く水仕事でひび割れだらけになっていた手が、見事に元通りになりました。

爪も手も、やった分だけ美しくなります。是非試してみてくださいね。
いつ誰に見られてもいい指先に…
関連キーワード

関連記事