もう嫌…! ツライ便秘の解消には、ヨーグルトよりもまず●●

もう嫌…! ツライ便秘の解消には、ヨーグルトよりもまず●●

ヨーグルトやミネラルウォーターなど様々なものを食べてみたり飲んだりして効果が出ずに辛い思いをしていませんか? 今回は便秘を根絶するためのライフスタイルをご紹介。

便秘に効く食べ物=ヨーグルトと思っていませんか?

便秘に効く、と言われている食べ物や飲み物は山のようにありますよね。あれがいい、これがいい、と言われてどれを試しても、何となくの効果しか感じられない…そんな風に悩んでいませんか?
確かに、様々な食べ物や飲み物が、便通を良くする効果を持っている事は確かです。ですが、便秘の解消には、もっと根本的な方法が必要なんです。

そもそも、便秘の原因はこの二つだと言われています。
1)腸の動きが鈍くなっている
2)便が硬くなってしまっている
これを解消しない限り、便秘解消への道のりは険しい…。

また、食べるということは「吸収」するということ。腸は排泄と吸収の両方を同時に行うことは出来ないので、いくら何かを食べても便秘の解消にはならないのです。

便秘の解消には、まずオリーブオイル

まず、溜まった便を排出しないことには便秘の改善にはつながりません。
カチコチになった便を柔らかくする効果があるのが、実はオリーブオイル。さらに便を柔らかくするだけでなく、滑りを良くしてくれるので、より排便効果を高めることが可能なんです。

必見の便秘解消プログラムはこれ!

便秘を解消するためのプログラムをお教えします。
まずは便を排出して腸をクリーンにし、腸の運動を促進しながら、便秘になりにくいライフスタイルを目指しましょう。

まず最初の排出を目指すためのスタートは夕食から。
夕食にたっぷりの野菜にオリーブオイルをたっぷりとかけて食べてください。塩や胡椒など少しスパイスで香りづけをしてもいいでしょう。野菜の水分と豊富な食物繊維は腸を綺麗にしてくれ、また硬くなった便に水分を与えて柔らかくする効果があります。さらに、たっぷりのオリーブオイルが便を柔らかくし、滑りを良くしてくれるのです。

その後、動きの悪くなった腸を動かすために、じっくりと湯船に浸かって腸を温めてください。お腹の温度が下がっていることも便秘になりやすい原因の一つです。

就寝の前には、腸を刺激して働きを促進する運動をしましょう。
仰向けになって膝を立て、手は体の脇に伸ばした体勢を作ってください。そこからお腹に力を入れて、ヒップを持ち上げたり降ろしたりをゆっくりと10回ほど行ってください。

朝起きてからは、できればお水を飲む、など食事を摂らないのがベストです。夜から昼にかけての時間というのは、体が排出活動を行う時間です。その時間にドカンと朝食を食べてしまうと、せっかくの排出活動を邪魔してしまうのです。オリーブオイルをひとさじほど飲むのも効果的です。

これだけでも、だいぶ便が出される状況は整ってきています。
昼食は、なるべく野菜を中心に水分をよくとって過ごしてください。前日の夜同様に、オリーブオイルをたっぷりと取るのもおすすめです。

夕食はきちんと摂って大丈夫。便秘解消の食生活とは?

基本的に、夕方から夜にかけては、身体が吸収の体勢になっている時間帯。しっかりと夕食をとりましょう。

朝:オリーブオイルひとさじ、もしくはお水
昼:野菜を中心とした食物繊維と水分の多い食事
夜:栄養を摂るためのバランスの良い食事

というサイクルが便秘の解消には効果的です。
そこに運動などを加えることができればなお良いのですが、もし運動が無理な場合でも、身体をじっくり温める入浴と、就寝前の腸のエクササイズだけは続けてください。

これで溜まっていた便が排出され、溜まりにくい身体に変わってゆきます。
よく朝ごはんをしっかり食べるということが言われますが、便秘の解消を目指すなら、排出の時間である朝ごはんは食べない方がベターです。
夜に重過ぎる食事をとるのはNGですが、通常の食事であれば、問題ありません。むしろ、便秘が解消されることで、体重は落ちるはずです。

まずは、便をためないということを続けることで身体に覚えこませることができれば、快便生活も夢ではないのです。
最初は少し辛いこともあるかと思いますが、頑張りましょう!

最後にもう一つだけ。ストレスは腸の運動を鈍らせてしまうので、ストレスを発散することを心がけることも是非加えてみてくださいね。
野菜とオリーブオイルで便を柔らかく

関連記事