どうにかしたい!脚のむくみ解消法

どうにかしたい!脚のむくみ解消法

夕方になるにつれてむくむ脚をなんとかしたい!むくみ知らずの美脚になる方法を教えます。
ただでさえ夕方になるとむくんでくる脚。寒い時期は新陳代謝も落ちるので、さらにむくみやすくなります。脚がパンパンになり、靴もキツいという女性は多いのではないでしょうか。放置していると、セルライト化して脂肪になり下半身デブに…という恐ろしいことにも繋がります。まずは、むくみの原因を理解した上で、簡単にできるフットケアをお教えします!

むくみの原因とは…??

脚がパンパンにむくでしまう原因は、運動不足、疲労、睡眠不足、冷え等です。また、塩分やお酒の過剰摂取もむくみの原因。脚は、体の中で最もむくみやすい部分と言われています。なるべく脚を動かすようにしたり、冷えてしまわないように注意することが重要です。

簡単!3つのむくみケア

・つま先立ちストレッチ
両膝をつけてまっすぐに立ち、かかとを上下させる×20回
腹筋と背筋を常に意識し、体の軸を保つ。(うまくできない方は、椅子や壁などに手をついてもOK)

・手足の親指と小指を刺激
むくみが気になる時に、手と足の親指と小指を軽く指ではさみ、うっすら赤くなるまでさすったり、軽く押したりして刺激。
全身の血行促進に効果があり、むくみと冷えの解消になります。

・タオルで美脚ストレッチ
①仰向けに寝て、左足の裏をタオルにかけて、両手で足を上に引き上げる。膝をのばし足が床に対して垂直になる状態を30秒キープ
②タオルをかけた足を左側にたおして30秒キープ。右足も同じように行う。

足を動かす事を意識

足の筋肉を鍛えると、下半身のめぐりがよくなりむくみが改善されます。よく歩くようにしたり、階段をのぼるようにしたり、日々の生活で足を動かす事を意識しましょう。
冬のパンパンにむくんだ足にならないためにも、こまめにケアして血行促進!冷えないようにタイツやソックスも履くようにしましょう。

関連記事