顔のうぶ毛「剃る」「剃らない」美肌になるのはどっちなの?

顔のうぶ毛「剃る」「剃らない」美肌になるのはどっちなの?

顔のうぶ毛どうしてますか? 剃る方剃らない方、両方おられると思いますが、それぞれに諸説あって迷いますよね。メリットとデメリットを理解して処理方法を考えましょう。

うぶ毛を剃ると美肌になる?

うぶ毛を剃ると、当然ながら肌がつるりとしますよね。
毛を剃る時に、肌表面の余分な角質や毛穴のつまりも多少なりとも削れているからです。肌の表面が削れるので、ピーリングと似たような作用があります。
また、うぶ毛を剃った方が化粧水も浸透しやすく、下地やファンデーションも均一に肌に密着するので、当然ながらお化粧の仕上がりも美しくなります。
素肌の時もつるりと光を弾く肌のみずみずしさが引き立ちます。

うぶ毛を剃るデメリットは?

一見いいことばかりにも思えますが、うぶ毛を剃ることによるデメリットもあります。
そもそもうぶ毛は無駄に生えている訳ではなく、紫外線や外からの刺激から肌を守る為に生えています。それを剃ってしまうと、防御力がなくなってしまうので、肌が荒れてしまったりシミやシワの原因になることも。
また、うぶ毛を剃る際に必要な角質まで削れてしまい、そこから炎症をおこしたり、肌が乾燥してしまったりと、様々なトラブルが起こることもあります。

韓国女性はうぶ毛を剃らない

美肌が多いといわれている韓国女性達は、絶対にうぶげを剃らないとか。
また、美容家の方や、モデルさんにも顔のうぶげを剃らない、という人は案外多くいます。最近はファンデーションも進化しているので、うぶ毛があるから顔がくすんで見える、ということも少なくなってきていますよね。
肌は、想像以上に薄い組織で構成されているので、物理的に金属で削り取るという行為によるダメージが全く無いとは言えません。男性はひげを剃りますが、普段からスキンケアの習慣がない場合が多く、ひげを剃った後もそのままにしていて、肌が荒れてしまっている方をよく目にします。

でもどうしてもうぶ毛を剃りたい! そんなときは…

とは言え、今まで剃っていたのに明日から剃るのをやめよう、ということには抵抗がある方もいらっしゃいますよね?
どうしてもうぶ毛の無いつるつるのお肌がいい! という場合は、剃る前と剃った後のケアを徹底して、少しでもダメージが少なくなるように、下記の5つの事を心がけましょう。

1) 剃るのは入浴中に
2) 必ずコールドクリームなどを塗ってから剃る
3) 力を入れず、毛の流れに逆らわないように剃る
4) 剃った後は必ず保湿をする
5) 日中は必ず紫外線対策をする

剃る時の肌ダメージを極力軽減するために、毛が柔らかくなる入浴中に剃るようにしましょう。また、コールドクリームなどしっかりめのテクスチャのクリームを塗って剃ることで、肌を削りすぎずに剃ることが出来ます。
また、毛の流れに逆らって剃ってしまうと、肌に負担がかかり、また毛の断面が大きくなるので、毛が伸びてきたときにめだって見えてしまう場合があります。
そして、剃った後の保湿と、日中の紫外線対策は必ず行ってください。

うぶ毛を剃ることが一概に悪い、とは言い切れないので、きちんとケアをしながら、剃るようにしましょう。
剃るときは必ずクリームを!

関連記事