冷え性対策のあったか下着に注意! たっぷり保湿で冷え対策を

冷え性対策のあったか下着に注意! たっぷり保湿で冷え対策を

冬場に重宝するあったか下着。最近は毎年様々な新商品が登場していますよね。でも、このあったか下着、気をつけないと肌の乾燥を招いてしまう場合があるんです。

冷え性対策の下着で乾燥肌に?!

着るだけであたたかな保温下着。着用している方も多いのではないでしょうか。最近は様々なタイプのものが発売されているので、冷え性対策にとても便利ですよね。
でも、ちょっと注意して欲しいのが、こういった化学繊維の下着を身に着けることで起こる肌の乾燥なんです。肌の温度が高いと案外気がつきにくいのですが、化学繊維は肌の乾燥を招いてしまうことがあるんです。

冷え性改善効果よりも乾燥を招く危険の方が大

CMなどを見ていると、保温下着は常に発熱し続けるようなイメージを持ちますが、実は、発熱作用を発揮するのは、着用してから数分の間だけ。というのも、保温下着の多くが、汗を吸って、その汗が蒸発する際に生まれる熱を保持して暖めているからなんです。
つまり、一定量汗を吸い込んだ生地は、一旦乾かさないと再度発熱することは無いのだそう。

むしろ、発熱のために汗を吸う際に、肌に必要な水分まで奪ってしまうことがあるということ。もともと冬場は空気が乾燥し、肌の水分も不足がち。そんな時にさらに水分を奪われてしまうのは困りますよね。
また、化学繊維による摩擦も、肌にはあまり良いとはいえません。

冷え性対策と保湿を両立するには

まだかゆみなどが出ていない方は、保温下着を着る前に必ず保湿の出来るボディクリームを塗ることを心がけましょう。それだけでも、肌を乾燥から守ることが出来ます。摩擦による肌あれなども防ぐことが出来るので、クリームでのケアは有効です。

もし、既に乾燥などによるかゆみなどが現れた場合は、一旦保温下着の着用をやめてみてください。どうしてもあの保温効果が必要!という方は、綿のシャツを着用してその上から保温下着を着用しましょう。
ただ、どうしてもでない場合は、着用をやめたほうが肌の状態が改善しやすいので他の冷え性対策に切り替えましょう。

冷え性対策にも乾燥対策にもなるのがシルク

肌が乾燥しやすい方にオススメなのは、シルクの下着。
少々高価なのがネックではありますが、シルクの下着は肌に優しいだけでなく、美肌作用まであるんです。
シルクの下着は吸湿作用も高いのですが、繊維の中では保湿力が高いとされています。化学繊維と比べると、その差は約10倍。なので、着用していて肌が乾燥することはまずありません。さらに、保湿力があるということは保温効果も期待できます。
また、シルクには沢山のアミノ酸が含まれているので、着ているだけでスキンケアをしているようなもの。
着心地も申し分ないので、乾燥肌が気になっている人は是非シルクを試してみてください。
シルクは保温も保湿も叶う最高の素材
関連キーワード

関連記事