睡眠不足は美の大敵! 寝る前の●●のストレッチが快眠の鍵

睡眠不足は美の大敵! 寝る前の●●のストレッチが快眠の鍵

睡眠不足には色々原因がありますが、寝る前のストレッチでぐっすり眠れるようになるかもしれません。ちょっと意外な部分を始めとした、身体のほぐし方をご紹介します。

意外な睡眠不足の原因を、ストレッチが緩和

ducks
眠りが浅く、夜中に何度も起きてしまうような方はいないでしょうか。実は、睡眠中に気道が狭くなって酸素を十分に取り入れられていないのかもしれません。気道が狭くなっているのは、舌の位置が本来より奥に下がってしまっていることが原因。舌の筋肉をほぐすことで、気道が広がってぐっすりと眠れるようになる可能性が高いのです。

そのほか、過度な運動不足も不眠の原因になります。身体全体をストレッチすることで、気持ち良く眠ることができるようになります。

睡眠不足がみるみる解消!舌・身体のストレッチ

では、寝る前に簡単にできるストレッチをご紹介していきますね。

●舌の筋肉をほぐすストレッチ
1.枕を2つ重ねる、または2つ折りにして仰向けに頭をのせる
2.首の後ろの筋肉が伸びているのを感じつつ、顎をグッと引く
3.そのままの体勢で、舌を前に出し10秒キープする
4.1~3を3回繰り返す

●背中の筋肉をほぐすストレッチ
1.仰向けの体勢になる
2.背中をつけたまま膝を抱え、体育座りのような体勢をとる
3.背中の筋肉が伸びているのを感じつつ、10秒キープする
4.1~3を3回繰り返す

●お腹の筋肉をほぐすストレッチ
1.うつぶせになる
2.胸の下あたりに腕を伸ばして立て、上体を反らす(顎は上げない)
3.背中ではなく、お腹の筋肉が伸びているのを感じつつ10秒キープする
4.1~3を3回繰り返す

●お尻の筋肉をほぐすストレッチ
1.両足を曲げた状態で座る
2.右足を、左脚の膝に乗せる
3.左足の膝をゆっくり胸に近づけ、左のお尻が伸ばされているのを感じる
4.10秒キープし、反対の脚でも同様に行う。3回繰り返す。

大切なのは、毎日続けることです。筋肉を伸ばすストレッチは、個人差はあれど必ず効果が出てきます。寝る前にスマホを見る習慣をやめて、ストレッチを毎日の習慣にしてみてはいかがでしょうか。

関連記事