歩き方を変えるだけでダイエット効果あり?! ぽっこりお腹対策に

歩き方を変えるだけでダイエット効果あり?! ぽっこりお腹対策に

毎日意識せずに歩いている方、その歩き方を変えてぽっこりお腹解消を目指してみませんか?
Sao

ぽっこりお腹ダイエットに! 成功への近道は「歩き方」にあった

ダイエットといえば、手間も時間もかかるイメージがありますよね。ジムに通ったり、食事制限をしたりと綺麗になる為には努力が必要だと思っている方も多いはず。しかし、忙しい現代女性にとって、綺麗になるのは時間がかかると分かってはいても、美容の為に時間をかけられないのが現実。手間をかけずに簡単に綺麗になれるのにこしたことはないですよね。
その中でも、多くの女性の悩みの種でもある「ぽっこりお腹」。なかなかお肉が取れず、気になっている方も多いと思います。実は、ぽっこりお腹こそ、歩き方のコツを知ることで解消できちゃうのです!
今回は、そんな時間が惜しい現代女性にぴったりの「歩き方を変えるだけでぽっこりお腹解消に繋がる方法」をご紹介したいと思います。是非、参考にしてみて下さい。

ぽっこりお腹ダイエットに効果的な歩き方とは

ぽっこりお腹に効果的だと言われる歩き方は「正しい姿勢」「体重移動と足の運び方」「歩幅と歩くスピード」の3点を意識することにあります。

まず、正しい姿勢とは横から見た時に、耳・肩・腰椎の前・膝・くるぶしが地面から垂直に一直線に伸びたような姿勢のことを指し、このような姿勢を保つためには腹筋と背筋の働きが重要になってきます。どちらかが緩むと前かがみになってしまったり、後ろに反ってしまったりします。多くの女性の悩みの種でもある「ぽっこりお腹」は腹筋と背筋のバランスが悪いことが原因の一つとして考えられています。ですので、正しい姿勢を保ちながら歩くことは、腹筋と背筋をバランスよく鍛えることに繋がるのです。

次に、体重移動と足の運び方についてですが、ここで注意して欲しいのがひざを伸ばし切って歩くのではなく、衝撃を吸収できるようにひざにゆとりをもたせておくこと。それを意識しながら出来るだけ「足の指」「付け根」「かかと」の3点で歩行するようにしましょう。正しい姿勢を保ちながら歩行するためには足裏が安定していることが必須ですので、この3点に気を付けながら歩くようにするのが良いと言われています。

最後に歩幅と歩くスピードは、個人差やその人の癖(早く歩いてしまう、ゆっくり歩くのが好き)などがあるかと思いますが、理想的だと言われているのは無意識に歩行している場合の歩幅よりも、少し意識して歩幅を広げるのことです。こうするためには普段の歩行スピードよりも速めてみると良いでしょう。そうすることで自然と歩幅が広くなるのです。歩幅が広くなると、背筋を伸ばしてお腹を引っ込め、そして視線を前方に送り、アゴを引いて歩くようになると言われています。


いかがでしょうか。出勤する際、買い物に行く際など誰もが必ずと言ってよいほど毎日歩いていますよね。そんな歩いている時の意識を少し変えるだけで気になるぽっこりお腹解消に繋がるのです! 皆さんも試してみて下さい。

関連記事