脱肉食! 美しい女性は「魚食」で内側からキレイを保っている?!

脱肉食! 美しい女性は「魚食」で内側からキレイを保っている?!

若い人の「魚離れ」が騒がれていますが、食べるなら断然肉よりも魚が良いんです! これを読めばあなたも魚が食べたくなる! そんな魚の魅力をご紹介。

女性の綺麗を応援してくれる「魚」の魅力

「肉を食べる=男性」というイメージが強かったのは昔の話で、今の女性たちは肉を食べることが非常に多いと言われています。焼き肉・ステーキ・生姜焼きなどを昼から食べたりするなんてことも…男性顔負けの肉食ぶりが伺えますよね。確かに働く女性が多い現在の日本では、「スタミナをつける為に肉を食べる」という意識もあるのかもしれません。確かに私も元気がない時、疲れている時こそ肉が食べたいなと思ったりします。
もちろん、肉を食べることは悪いことではありません。肉を食べることで得られる栄養素もあるのですから。しかし、肉には「飽和脂肪酸」という脂質を構成する成分が多く含まれており、肉を摂り過ぎると体内でコレステロールが合成されやすくなってしまい、肥満の原因になり得るのだそう。ですので、毎日肉を食べることはおすすめできません。3日に1回程度にしておくのが良いでしょう。その際も脂分が少ない肉を選ぶようにして下さいね。

では、肉を毎日食べられないのだとしたら何をメインディッシュにしたらいいのでしょう。
それが今回の主役である「魚」なのです。
これから女性の美容のお悩み別にそれぞれに合った魚をご紹介します。

お悩み別! 美容に良いと言われる魚の選び方

【アンチエイジング】
◎アスタキサンチンを含む魚(例:サケ、エビ、カニなど)
アスタキサンチンは自然界に広く分布している天然の赤い色素です。アスタキサンチンは老化の原因となる活性酸素を予防してくれ抗酸化作用があると言われています。ですので、これらの魚を食べることによってエイジングケアが期待できます。

【ダイエット】
◎脂肪分の少ない魚(例:タラ、カレイ、タイなど)
上記のような魚は一般的に「白身魚」と呼ばれていますが、その特徴はタンパク質が豊富、脂肪分が少なく、味は淡白でコラーゲンが豊富です。その中でも特にタラは消化・吸収が良いと言われているのでダイエットに最適です。ダイエット中のタンパク源は白身魚から摂り入れるのが良いでしょう。

【美肌】
◎αーリノレン酸を含む魚(例:アジ、イワシ、サバなど)
不飽和脂肪酸であるαーリノレン酸には、皮膚炎症を抑える作用があると言われていますので、肌の調子を整えてくれます。またこれらの魚に多く含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)は、血液をサラサラにして血行を良くし、肌荒れやニキビなどの予防も期待できます。そして、血液をサラサラにしてくれることから中性脂肪対策にも効果的だと言われています。


海に囲まれている日本は魚がとっても豊富です。こんなに魅力的な魚を食べないなんてもったいない! ぜひ皆さんも毎日「魚食」を目指しましょう!
関連キーワード

関連記事