運動しても痩せない?!  ダイエット成功者はこうして痩せている

運動しても痩せない?! ダイエット成功者はこうして痩せている

摂取カロリーを減らして消費カロリーを増やす…。 というような従来の考えでは、ダイエットを成功させるのが厳しいということをご存知ですか?

ダイエットは運動だけでは結果は出ない

「あの人は週に何回もジムで運動をしているのに、何故痩せないのだろう?」という人を見たことはありませんか?今まで色んなダイエットを試してみたけれど痩せられなかった、すぐにリバウンドしてしまったという人は、「好きな物を食べながら痩せたい」「わかっているが食べてしまう」など、食習慣に問題がある人が多い傾向にあります。食べた分運動すればいい、と思うかもしれませんが、残念ながらエネルギー代謝の仕組みはそう単純ではありません。500キロカロリーを摂取した分、500キロカロリー分の運動で帳消しに出来るとは限らないのです。

ダイエット成功へのカギ! 運動すればするほど食欲が増す?!

運動というのは思っている程カロリーを消費していないのにも関わらず、それ以上に達成感を感じてしまうという落とし穴があります。運動して汗もかいてすごく頑張ったから、自分へのご褒美としてちょっとくらい食べてもいいや、と思ったりしていませんか?ランニング30分で消費出来るカロリーは約200キロカロリーと言われていますが、200キロカロリー程度であれば、おにぎりひとつ、菓子パンなら半量で摂取可能です。せっかく運動しても、消費カロリーとは所詮この程度なのです。即効性を求めて、まとめて長時間運動したり、強度を高くしたりすると、余計に食べたい欲求が高まり、リバウンドを招きやすくなるとも言われています。頑張って運動をしているのに痩せられない、といった原因には、こうした理由があげられるのです。

また、ダイエットには有酸素運動がいいと聞いたことがあるかもしれませんが、実は体脂肪が全てエネルギーとして使われているわけではないので、時間の非効率とも言えます。なぜなら、消費エネルギーの半分は肝臓や筋肉に蓄えられている糖質を燃やし、残り半分で脂肪を燃焼します。では有酸素運動の時間を増やせばいいではないか、と思うかもしれませんが、大事な時間を長時間裂くことが出来る人が、どのくらいいるでしょうか。

基礎代謝を上げても体重が減らない?! ダイエットの注意点

基礎代謝とは、1日何もせずに寝ているだけの状態でも消費するエネルギー量のことを言います。よく筋力トレーニングをして筋肉を増やすと、基礎代謝が増えて、同じ生活をしていても脂肪燃焼されやすい「痩せ体質」になるという神話があります。これも間違いではありませんが、基礎代謝アップだけで痩せるとは言い切れないのです。なぜなら、最新の研究データによると、基礎代謝のうちの筋肉が占める割合は18%と言われており、残りの80%は意識的に動かすことができない内臓が占めているからなのだそう。実力のあるボディービルダーさえも筋肉を1キロ増やすのに1年近く要すると言われている中、1キロ筋肉が増えたところで、基礎代謝は15〜45キロカロリー程度しか変わりません。筋肉トレーニングを否定はしませんが、「基礎代謝アップ=痩せる」という魔法のようなダイエット法はないということを認識しておいた方がいいかもしれません。

ダイエット女子必見! アスリートでさえ運動だけでは痩せられない

基礎代謝が一般の人たちよりもかなり高いアスリートの選手でさえ、筋肉で引き締まってはいますが、長距離走選手を除くと、ほっそりとした選手はあまり見かけません。むしろ、ハードな運動をしている分、食べなければやっていけないからでしょう。競技上、減量が必要とされる選手は、必ず食事のコントロールも同時並行で行っています。食事のコントロールを行わずに、何キロも体重を落として痩せるのは、プロですら難しいのです。

ダイエット成功者は食事改善で痩せている!

ダイエット成功の秘訣は、食事制限をすることでも、激しい運動をすることでもなく、「食生活を改善すること」です。運動や筋肉トレーニングを否定はしませんし、むしろ同時並行で行った方が効率はいいと思います。しかし、あくまで食べた分を運動で帳消しにするということは非効率だということです。リバウンドせずに結果を出すためには、食生活を改善した方が最も近道だと言えるでしょう。

関連記事