正月太りにサヨナラ! キレイになれちゃうお餅の食べ方

正月太りにサヨナラ! キレイになれちゃうお餅の食べ方

お正月が過ぎても持て余してしまいがちなお餅ですが、食べ方次第ではキレイになれてしまうんです!そのコツをご紹介します。

お餅=正月太り、というのはウソ?

お餅=太る、はウソ?
お餅を食べ過ぎて正月太り…というのはよく言われますが、お餅ってそんなに悪い食材なのでしょうか?いいえ、そんなことはありません。お米のみから作られているお餅が身体に悪影響を及ぼすことはないのです。
問題なのは、合わせる食材やその食べ方によるものなのです。お餅を食べても太らない、それどころかキレイになれてしまう食べ方のコツをご紹介していきたいと思います!

お餅でキレイになれるコツ

1.よく噛んで間食防止
お餅自体のカロリーは、実はそんなに高くありません。50gの切り餅一つ当たりのカロリーは、約120kcal、2つ食べたとしても240kcal程度です。お餅は、よく噛んでゆっくり食べれば、適切な量でお腹いっぱいになります。ご飯より腹持ちがいいので間食防止=ダイエットにつながります。

2.納豆・大根のからみ餅で美肌に
お餅の食べ方で一番おすすめなのが、納豆や大根おろしと一緒に食べるからみ餅です。イソフラボンが豊富に含まれる納豆や、ビタミンの宝庫である大根は美肌効果が抜群。美味しくローカロリー、そしてキレイになれるとあっては試すしかありませんね。

3.甘いお餅はほどほどに
あんこやきな粉は、お餅と相性抜群ですよね。しかし、カロリーのことを考えると避けた方がいいようです。お餅に合わせるあんこやきな粉には、砂糖がたっぷり含まれています。お餅はからみ餅やお雑煮にとどめて、甘味はお餅以外で楽しみましょう。

関連記事