顔のテカリは何の食べ過ぎが原因?!

顔のテカリは何の食べ過ぎが原因?!

肌トラブルは内臓不調の現れ。サインとして出ているものには、必ず原因があるものです。まずは、その原因となる食べ物をカットするところから始めましょう。

顔のテカリの原因は何?! 食べているもので肌はつくられます

体の一番外側にある皮膚は、体の中の深い部分の状態を現します。外食続きで油脂の多い肉料理や甘いものの多い食生活をしていると、内臓にはどんどんそれが蓄積されていきます。つまり、内臓や血液、リンパなどに異常な状態が続くと、その兆候がいち早く皮膚に現れるのです。肌トラブルとしてサインが現れたときは、まず第一に肌トラブルの原因となる食べ物をカットし、次にメンテナンスするための食べ物を日々の食事に取り入れます。内臓の調子が良くなれば、肌はきちんと元の状態に戻るのです。

肉料理・炒め物はテカリの原因のもと

外食が続くと、どうしても肉料理や炒め物、揚げ物などの油を使ったこってり料理が多くなりがちです。肉自体にも油脂を多く含んでいますから、さらにそこに油を使って料理をしたら、油脂の摂り過ぎとなります。こうした油脂の多い食事が続くと、額や鼻、ほお、毛髪などが脂っぽい状態になり、テカリが出てくるようになってくるほか、ニキビや吹き出物ができたり、鼻の毛穴が黒ずんでくる原因にもなります。
テカリ肌が続くときの内臓の状態としては、胆嚢や腎臓、女性だと乳房や卵巣、子宮に負担をかけている状態を現しているので注意が必要です。

テカリ肌のOK食材&NG食材

テカリが気になるときは、まずテカリの原因となる食材をカットし、あわせてメンテナンス食を日々の食事に取り入れるよう心掛けましょう。

【NG食材】
テカリの原因となる油脂の多い料理、または甘いものは避けたい食材です。
(肉、揚げ物、炒め物、乳製品、砂糖、酒、ジュースなど。)

【OK食材】
大根おろしなどの辛味のある野菜は、体に溜まった脂を流してくれる作用があります。メンテナンス食として積極的に取り入れましょう。
(大根、生姜、ネギ、にんにくなどの辛味野菜)
(みかんやレモンなどの柑橘類)

関連記事