乾燥と暖房が原因に…冬場のかくれた脱水症状に要注意!

乾燥と暖房が原因に…冬場のかくれた脱水症状に要注意!

脱水症状が起こるのは、夏だけだと思っていませんか? でも冬場のオフィスにも脱水症状の危険は潜んでいます。脱水症状の危険な症状に気をつけて。

冬場の乾燥が脱水症状を招く

脱水症状というと、夏場のイメージがありますが、実は、冬場の気候も脱水症状を招きやすいことを知っていますか?
冬場は夏場に比べて空気が乾燥して湿気がありません。周りの空気が乾燥すると、身体は呼吸や皮膚の表面、他には粘膜など、空気に触れている部分から水分がどんどん蒸発してしまうのです。それに気づかずにいると、脱水症状が発生してしまいます。
また、最近の気密性の高い建物の中にいると、暖房などの影響で外以上に室内の空気が乾燥してしまうのです。そのため、室内でも脱水症状を起こす危険性があるのです。

フラっときたら要注意。冬場の脱水症状ってどんなもの?

冬場の脱水症状特有の症状として、手肌の乾燥などがありますが、身体に水分が不足することで発生する、めまいに似たふらつきの症状が出たら要注意です。
冬場閉め切ったオフィスにいて、なんとなく呼吸が浅く感じたり、めまいに似た気分の悪さを覚えたことがありませんか?
空気が悪いからかな…なんて思いがちなこの症状こそ、脱水症状の一番の症状。フラッときたら危険信号だと思ってください。

脱水症状はウイルス感染も引きおこす

身体が脱水状態になると、粘膜が乾燥するので、ウイルスの体内への侵入を許してしまう事にもつながります。
冬場はウイルス性の胃腸炎や、ノロなどの感染が広がることがよくあります。これは、本来ウイルスの侵入を防ぐ粘膜が乾燥することで、ウイルスに対する防御が出来なくなることが原因です。

脱水症状の予防には、こまめな水分補給を

脱水症状の予防で最も大切なことは、まず水分補給です。
聞いたこともある方もおられるかと思いますが、「喉渇いたなぁ」と思った時点で、身体は脱水になりかけています。
飲みすぎてしまっても、身体が冷えてしまうので、問題ではありますが、常に喉の渇きを感じる前に水分補給をすることは大切です。
脱水対策用の電解水などもありますが、まずは常温のお水がオススメです。お茶は利尿作用があるので、一番手軽なのはお水です。スポーツドリンクなどもありですが、糖分の摂りすぎになりますので、お水をオススメします。

乾いていると感じる前に水分補給を。脱水症状を予防しましょう。
こまめな水分補給を
関連キーワード

関連記事