冬の味覚「カニ」 あのプリプリの身に美容成分が詰まってる?!

冬の味覚「カニ」 あのプリプリの身に美容成分が詰まってる?!

冬になると食べたくなる「カニ」。実は、カニは美容に良い成分を含んでいるのをご存知ですか?
Sao

冬はカニを食べて美容対策を!

日本の冬の高級食材として定着している「カニ」。鍋に入れて火を通してから食べても美味しいですし、そのまま醤油を付けて食べるのが好きな方も多い。また、濃厚なカニ味噌はお酒好きの人には嬉しい酒のお供でしょう。

では、日本人にとって馴染みの深いカニですが、その成分についてご存知ですか?
実は、驚きの美容作用があるのです!

しかし、カニは食べるとアレルギー症状が起こる可能性があるので、必ず注意して食べるようにして下さい。少しでも異変を感じたらすぐに病院に行きましょう。

カニに含まれる女性に嬉しい成分とは?

【アスタキサンチン】
老化の原因となる活性酸素を除去する働きをしてくれる成分です。この成分が入っている食材は、老化予防に効果的だと言われています。

【タウリン】
アミノ酸の一種であるタウリンには、肥満の原因ともなるコレステロール値を下げる作用、肝機能を高めてアルコールの代謝を促してくれる作用、筋肉収縮力を高めることでむくみや便秘を解消してくれる作用などがあると言われています。

【キチンキトサン】
キチンキトサンには、免疫力を高める作用があると言われているので、寒い冬の季節にはもってこい。風邪予防には欠かせない成分です。

【ビタミンB群】
ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ナイアシン、パントテン酸などの「ビタミンB群」が豊富に含まれています。それぞれの作用はこちらです。
◎ビタミンB1:疲労回復作用
◎ビタミンB2・B6:新陳代謝を促し、皮膚、髪、爪などの成長を手助けする働き
◎ビタミンB12・葉酸:貧血予防が期待できる
◎ナイアシン:粘膜や皮膚を健康に保つ作用
◎パントテン酸:エネルギー代謝を促す作用

ダイエット作用あり?! カニを食べて内側から綺麗に

上記のような成分を含むカニですが、実はダイエットにもおすすめ。というのも、カニは高タンパクで低カロリー、なんと脂質と糖質はほぼゼロなのだとか。

美容成分もたっぷりでアンチエイジングからダイエットにまで効果的、しかも美味しいなんて素晴らしい食材ですね! 今年の冬はカニを食べて美味しく綺麗になりましょう。

関連記事