オトナだからこそピンクがいい! 可愛いオトナ女子のメイク術

オトナだからこそピンクがいい! 可愛いオトナ女子のメイク術

前クールの人気ドラマ「オトナ女子」。篠原涼子さんが可愛いオトナ女子を演じられていました。今回はそんな可愛いオトナ女子になる方法を伝授します!
Sao

メイクにピンクを取り入れて。可愛いオトナ女子を目指そう!

「いくつになっても可愛くありたい」と女性なら誰もが思うもの。30代、40代になっても可愛らしいオトナ女子は、同性から見ても素敵ですよね。
しかし、アラサー&アラフォーの女性が20代と同じ様なメイクや髪型をしているのは「痛々しい」と思われがち。若作りとオトナ女子は違うのです。年相応のメイクや髪型の中に可愛らしさを取り入れることこそが、「オトナ女子」を作るポイントになります。

また、女性の可愛らしさを手助けしてくれる色といえばやっぱり「ピンク」です。メイクの中に上手にピンクを取り入れて、愛されオトナ女子を演出しましょう。

オトナ女子のメイクはどの部分にピンクを取り入れたらいいの?

それはズバリ「チーク」です。
ピンク色の頬は、若々しさを作り出してくれると共に女性らしさも引き出してくれます。
色の選び方は、色白の方は「青味がかったピンク」がおすすめ、健康的な肌色の方は「オレンジがかったサーモンピンク」をチョイスしてみて下さい。
次にチークの乗せ方ですが、笑った時に高くなった位置に入れがちなのですが、実はこれはNGです。頬のたるみが気になる年齢の方は、顔の上部である「頬骨」辺りに入れる方が、視覚によってリフトアップ効果も期待できます。
オトナ女子のメイクはピンクを取り入れるのがポイント

オトナ女子のメイク術! チーク以外はどんな色を使ったらいい?

◎アイシャドウ:ラメ入りのゴールド系のアイシャドウがおすすめ。薄い色だからこそ厚化粧の心配もありません。また、クリームタイプのアイシャドウならまぶたのたるみが気になる方でも綺麗にのせることが出来ますよ。
私のおすすめは「ボビイブラウン ロングウェア クリームシャドウ サンディゴールド」です。発色が綺麗で、長持ちするので忙しいオトナ女子にはぴったりです。

◎リップ:チークの色味に合わせて「ピンクベージュ」などの色を使ってみて下さい。あまり色味がないものも、色味が強すぎるものも老けて見られる原因になりがちなので注意です。
私のおすすめは「シャネル ルージュココシャイン アンティム」です。強すぎないピンクがオトナ女子のリップにぴったり。普段使い出来るので毎日持ち歩きたいリップです。

◎ネイル:王道の「白フレンチ」or「透け感のある薄いピンク」のジェルネイルが清潔感と女性らしさの両方を作り出してくれます。30代、40代になってくると手もカサカサしてきたり、爪も伸びにくくなってきますので、何もしていない手はなんだか寂しく感じます。ですので、ジェルネイルをして手のオシャレも忘れずに。


みなさんもメイクを上手に工夫して、可愛いオトナ女子を目指しましょう!

関連記事