広海・深海がご案内!先取りビュ−ティトレンド ベースメイク編

広海・深海がご案内!先取りビュ−ティトレンド ベースメイク編

広海さんと深海さんが、M・A・C ナショナル アーティストの木村めぐみさんをお迎えして、メイクのトレンドについて聞く、後編はベースメイク編です。
広海・深海のM・A・C ナショナル アーティスト木村さんインタビュー

ベースメイクのトレンドを教えて!

広海)メイクの仕上がりを大きく左右するベースメイク、2016年のトレンドを教えてください!

木村)肌自体はここ数年、まるでメイクしていないかのような“生っぽさ”にこだわった“ロースキン”のトレンドが続いています。そこに2016年らしさを加えるとするなら、キーワードは“ストロビング”ですね。

広海・深海)何それ?

木村)ストロボを浴びて発光したような、自然なツヤ感のある肌です。立体感を出すのもシャドウではなく、ワントーン明るいハイライトでストロビングするんです。

深海)木村さん、もしかして今日のメイク、ストロビングしてる?

木村)はい、してます!

広海)やっぱりー! 最初に会った時から、自然なのに肌がすっごくキレイだなって思ってた。特別なツールやテクニックがなくてもできるものなの?

木村)もちろんできます。生まれ持った肌の質感を生かすので、失敗することなく自然に仕上がるんです。

広海)プラスαのナチュラルメイクという感じなのかしら。

木村)そうですね。まずベースの段階で「ストロボクリーム」を顔全体に塗ります。

深海)(手元に塗りながら)すごーい!光ってる!
広海・深海もメイクを実践
木村)塗るだけで透明感が出るので、顔だけでなくデコルテに使うのもおすすめです。撮影の現場でもよく使われているんですよ。

広海)ほんとよくできてるわ。

正しいツールの使い方は?

木村さんのメイクレクチャー
木村)よりツヤ感を出したい時には人工毛のブラシで塗ります。

深海)え、そうなの?天然毛の方がいいんじゃないの?

木村)天然毛では毛が油分を吸い取ってしまって、ツヤ感が表現できないんです。

広海)知らなかった...!

木村)もちろん天然毛にもパウダーをふんわりのせるにはよいなど、いいところがあるので、ブラシは目的に合わせて使い分けるのがいいですね。「ストロボ クリーム」を人工毛のブラシでつければピンクパールが肌にのり、ビニールのような質感になります。上からファンデーションをつけることを考えると、ベースの段階ではちょっと強めかな?くらいに感じるツヤ感で丁度いいんです。

広海)肌が光のヴェールをまとったかのように、しっかりツヤが出てる。何だかスキー場にいるような気分だわ(笑)。

深海)ずっとレフ板で光を浴びてる感じの肌にしてくれるのは、ありがたいわね。

木村)ツヤ感だけでなく、保湿力も続くのが魅力です。乾燥が厳しくなるこれからの季節にも大活躍ですよ。

ベースメイクでもっと差をつけたい!

広海)ベースメイクで、その他におすすめのアイテムはあります?

木村)この「クリーム カラー ベース」ですね。顔全体にツヤを与える「ストロボ クリーム」に対して、ハイライト的に使って立体感を出すアイテムになります。

深海)これはどう使うの?

木村)では、実際に私の顔に塗ってみますね。頬骨の一番高い位置からニコッと笑った時に一番高くなるところに向かってブラシを使ってなじませていきます。
ハイライトを入れる木村さん
広海・深海)わーー!! 全然変わった!!

木村)分かりました?まるでリフトアップされたかのように頬骨の位置が変わるんです。

深海)ちょっと、小顔矯正したみたいに変わったわよ!これはたるみが気になる女性はマストね。

広海)そして驚くほど簡単!私も絶対にやる!

木村)顔の中に明るい部分をつくると、自然にシャドウが生まれるので、顔全体が上がった印象になります。日本人に多い黄色に寄った肌色であれば、パールが入ったカラーも合いますよ。もちろんパウダータイプのハイライトでも同じ効果を出すことができます。
木村さんが広海にメイク
深海)クリームとパウダー、どう使い分けたらいいの?

木村)仕上がりの好みにもよりますが、一つの目安にして欲しいのが肌質ですね。パウダーをおすすめしたいのは、メイクが崩れやすい方、テカりが気になる方。乾燥肌だったら保湿力が続くクリームタイプがおすすめです。

深海)パウダーファンデーションを塗っている上からクリームタイプのハイライトを塗ってもいいの?

木村)いつもより量は控えめに、薄くのせれば全く問題ありません。

広海)肌づくりは質感が大切。ラメなどで光をプラスするのではなく、内側から溢れるようなツヤ感を表現していく。今日教えてもらったことは、春を待たずに明日から取り入れたいわ。

関連記事