必要以上を求めない! ヨガの練習がダイエットに必要な心を作る

必要以上を求めない! ヨガの練習がダイエットに必要な心を作る

特にお腹がすいていなくとも、なんだか食べるものを求めてしまう心を上手くコントロールする方法がヨガで身につけられるのです。

ダイエットの天敵!ついつい食べてしまう心をヨガで飼いならす

いきなり夕食を抜いたり、断食をする短期決戦をしても反動が来ることを何度も経験したことがある方も多いはず。
大人になると、ついつい手が伸びてしまう間食や、気持ちが落ち込んだ時に食べてしまう甘いもの、そして「あと一口」を減らしていく事の方がよっぽど現実的なダイエットだという事に気づいていきます。
特に女性は一か月のうちでホルモンに心も左右されてしまうからこそ、心に左右されないメンタルを作る事がダイエットには必要なのです。
そしてそんなメンタルを鍛えるのにヨガは最適だと言えるでしょう。

「必要以上に求めない」そんなヨガの教えがダイエットに繋がる

ヨガには毎日を快適に過ごすために必要な心がけがいくつかあります。その中の一つが「アパリグラハ(貪らない)」。
私達人間には欲があるので、どうしても必要以上に「もっともっと」との思いにとらわれてしまいがちです。

本当はすでに足りているのに、心が暴走して「もっともっと」になったり。
本当は一度食べているのに、同じものが「もっともっと」欲しくなったり。

もっともっとと思ってしまうのは私達の心。でもそれに振り回されない自分を持つことが大切です。
ヨガの練習をしていても、「もっと早くあのポーズが出来るようになりたい!」なんて思いにとらわれてしまい、盲目的に練習に励んでしまう瞬間があります。
そんな時は大抵「怪我」というサインが身体から出る事で、「今の自分にとってあのポーズはまだ早かったのだ」なんて事に気づくことがあります。
ヨガをしていてケガをしていては本末転倒。けれども時に暴走してしまうそんな心を上手く飼いならす事で、必要なだけの練習と必要なだけのポーズが見えてくるのです。
ヨガの練習がダイエットに必要な心を作る

ヨガの練習は「私」を強くする。それこそが私達大人が身に着けたい大切なこと

てっとり早い結果を求めてしていたダイエットは必ず反動がくるもの。
そして体重の増減ともについつい不安定になってしまう私達の心。
大人だからこそ、「私」を強くする事で自然とついてくる、肩の力の抜けたダイエットを意識していきたいですね。

関連記事