冬の味覚でお肌ピカピカ! みかんの美容効果をUPさせる3つのコツ

冬の味覚でお肌ピカピカ! みかんの美容効果をUPさせる3つのコツ

こたつで食べるみかんって格別の美味しさですよね。実は、食べ方にある工夫をするだけで美容効果がUPしちゃうんです!

美容効果抜群!みかんはビタミンの宝庫

みかんでキレイになれるなんて!
まずは、みかんがどれだけ優秀な美容食材であるのかをおさらいしておきましょう。

みかんに含まれる栄養素・美容効果
●ビタミンC:お肌の潤いを保つのに大切なコラーゲンが体内で生成されるためには、ビタミンCが不可欠。シミやシワができるのを防いでくれる作用も。
●食物繊維:腸の調子を整え、便通をよくしてくれます。便秘は吹き出物ができたり、代謝が滞るもとです。
●ビタミンP:みかんの実のまわりについている白い筋には、ビタミンPが豊富に含まれています。ビタミンPがもつ働きのうち、毛細血管の強化・血流促進は基礎代謝UPや美肌に効果的です。血中コレステロール調整という健康にいい作用もあります。

小さいみかん(60g)で約20kcalと、みかんはとても低カロリー。甘いスイーツを食べるのであれば、みかんを食べる方がおすすめです。私も、実家暮らしをしていたときは箱買いされていたみかんを好きなだけ食べていました。今は、節約を考えて毎日少しずつ食べています。

みかんでさらにキレイになるには?

そのままでも低カロリーかつヘルシーなみかんですが、色々食べ方を意識するだけでさらに美容効果を高めることができます。以下3つの点を気を付けて、さらにキレイになっちゃいましょう!

●食前に食べる
みかんを1つ食事の前に食べることで、満腹感が出て食事量を減らすことができます。血糖値の上がり方も緩やかになるため、脂肪がつきにくくなるという効果も期待できます。

●実のまわりの白い筋も食べる
上でご紹介したように、みかんの白い繊維はビタミンPの宝庫。わざわざ取り除いたりせず、どんどん食べるのがおすすめです。

●焼きみかんにする
みかんをオーブンで焦げ目がつくまで(5~6分程)焼くだけで、甘味UPの美味しい焼きミカンが出来上がり!皮の有効成分が身にも浸透するので、さらに栄養価が高まります。かなり熱いので、皮を剥く際はやけどに気を付けましょう。

関連記事