憧れの“小顔”が災いする!? 小顔女子に起きやすい睡眠トラブル

憧れの“小顔”が災いする!? 小顔女子に起きやすい睡眠トラブル

小顔女子に多い、意外な眠りのトラブルって? 「働く大人の女の子のごほうびマガジンROLA(ローラ)」にて、睡眠の先生が教えてくれました。
本当は恐ろしい「睡眠トラブル」・小顔の女子ほど、いびきがうるさい?

小顔の女子ほど、いびきがうるさいって本当?!

女子の願望のひとつ「小顔」。これが睡眠トラブルの引き金になることも?!

「小顔、つまりあごが小さい人はいびきをかきやすく、『睡眠時無呼吸症候群』も起こしやすくなります」(睡眠総合ケアクリニック代々木の中村真樹院長)

太っている人がなりやすいのでは?

「太っていることもそうですが、あごが小さい・舌が大きい・のどが細いなどのバランスでも発症します。舌がのど(気道)にフタをしてしまうため、周囲の肉が振動していびきが出やすくなるのです。無呼吸はのどが完全に塞がった状態。要は酸欠状態になるので、眠りの質を低下させて、さまざまな弊害を引き起こします」

女子としては、無呼吸でなくても、いびきは治したいのですが……。

「マウスピースを装着して寝る方法もありますが、口の中の違和感は強いようです。いびきは自覚がないだけに、長く続かない人も多いのです。また、単純ないびきだけでは保険診療にならず、高額になってしまいます」

歯ぎしりも眠りを浅くする

歯ぎしりする女子も意外と多く、友達から「地獄の響き」と言われる人も。

「歯ぎしりや噛みしめも、無自覚ですが刺激は脳に伝わっているので、眠りが浅くなることも。根本治療は難しいですが、日常生活に支障を来す場合は医師に相談してみてください」

多種多様な睡眠トラブルがあると知っておきましょう。まずは規則正しい生活と睡眠時間の確保が必須だそう。

「独り暮らしの女性は自分の睡眠状態を自覚しにくいかもしれません。思い当たることがないのに、疲れがとれなかったり、体調が悪い場合は、睡眠に問題がある可能性もあります。意識して良質な睡眠を心がけてみてください」
■Profile
中村真樹院長
睡眠総合ケアクリニック代々木
http://www.somnology.com/
東北大学医学部、同大学院医学系研究科を経て医学博士に。東北大学病院精神科助教・外来医長を経て現職に。東京医科大学睡眠学講座客員講師も兼任。日本睡眠学会認定医。
「働く大人の女の子のごほうびマガジンROLA(ローラ)」
ランチタイムや通勤時間に楽しめる、女性向けコラムマガジン。無料読み放題のエッセイ、コミック、小説、ビューティ、グルメ&トリップ記事は、全てここでしか読めないオリジナルコンテンツです! 毎週プチプレゼントがあるのもお楽しみ。人気上昇中の注目アプリ!
★隔月のペーパーマガジンROLA(偶数月1日発売:定価¥620)も発行しています。

ROLAアプリ

関連記事