ダイエット中でも怖くない!? 飲み会で太らないコツ

ダイエット中でも怖くない!? 飲み会で太らないコツ

年末年始の忘年会シーズンが終わったと思ったら、これからは送迎会など飲み会の機会も増えます。そこで今回は、ダイエット中でも怖くない飲み会の過ごし方をご紹介します。

飲み会前にダイエット中の人がしておきたいこと

飲み会前には、牛乳やチーズ、ヨーグルト等の乳製品を食べておきましょう。乳製品は胃や腸に薄い粘膜を張ってくれます。その粘膜がアルコールの吸収を抑えてくれる働きをしてくれます。また、空腹も抑えることができるので、おつまみの量も減らすことができます。
飲み会でカロリーをとることが予想されるので、朝食や昼食の量を減らしておくこともポイントですね。

飲み会中でもダイエットできるコツを伝授

飲み会中のおつまみは、湯豆腐や野菜スティック、枝豆、お刺身、スルメなど低カロリーのものや高たんぱくなもの、満腹感の得られるものを選ぶようにしましょう。また、寒い季節でしたら、鍋も体を温めてくれる上に野菜もとれるのでいいでしょう。

そして、お酒はハイボールやウーロンハイなどがおすすめです! 焼酎やウィスキー、ウォッカなどの蒸留酒は糖質を含まないため、太りにくいと言われています。

その上、ハイボールには代謝を高めてくれるレモンも絞ってありますし、ウーロンハイは脂肪の吸収を抑えてくれるウーロン茶と一緒に飲むのでダイエット中に飲み会で頼むには最適といえます。

アルコールの分解には多量の水分が必要です。水を飲むことでアルコールが分解されやすくなり、余分な水分や老廃物を排出してくれます。なので、ハイボールやウーロンハイと一緒にお水も頼みましょう。

飲み会から帰ってもちょっとだけダイエットを心がけて

飲んだ後のラーメンなどのシメは絶対に禁物です。お酒を飲んだ後は、肝臓がアルコールの分解のために血糖を多く使用しています。そのため、一時的に低血糖となり、なんとなくお腹が空いたように感じてしまうのです。どうしてもお腹が空いたと思ってもキャンディーを一粒なめたらお腹が空いた感覚もなくなると思うので、ぜひやってみてください。

家に帰って湯船に浸かることは避け、シャワーのみにしてください。血流がよくなりすぎると、肝臓の機能が低下し、アルコールの分解を妨げるだけでなく、栄養を吸収し、そのまま脂肪として蓄えることになりかねません。

シャワーを軽く済ませたら、白湯などを飲み、また身体をあたため、飲み会から少なくとも2~3時間経った頃に眠りにつくのがいいでしょう。

これでダイエット中も怖くない!

いかがでしたか?少し気を付けることで飲み会もダイエットの敵ではないように思えるかと思います。お酒を我慢することでストレスになってしまうことのほうがダイエットにも健康にもよくないです。

それにダイエット中だからといって、人とのお付き合いも断ってしまうのは悲しいですよね。少しだけ工夫して、ダイエット中でも飲み会も楽しく過ごしましょう!
関連キーワード

関連記事