その冷え対策、実は冷え性を悪化させてるかも…勘違いに要注意

その冷え対策、実は冷え性を悪化させてるかも…勘違いに要注意

寒さ対策の為にやってるあんなことやこんなこと。実はそれ、身体を逆に温まりにくい状態にしてしまっているかも!

その冷え対策、あなたの冷え性を悪化させている可能性が…

ツライ末端の冷え。冷え性でなくとも冬場は末端の冷えが身体にこたえますが、冷え性持ちだと末端が冷えてしまうことで、全身が凍えてしまうので、それだけで1日が憂鬱になってしまいますよね。
でも、冷え性の対策でやっていたことが原因で、逆に冷えの取れにくい状態になってしまっていることも。
そんなついついやってしまいがちな冷え性対策の間違いをきちんと知って、ちゃんと身体を温めましょう!

靴下の重ねばきは、冷え性を悪化させる最大の要因

寒い時、靴下の重ねばきをしていませんか?
なるべく外気に触れないように…という気持ちは分かりますが、靴下を重ねてはいてしまうと、足の血流が阻害されることで、末端である指先まで血液が行きわたらず、逆に足の冷えの原因になってしまうんです。
足が冷えて仕方がない。そんな時は、保温効果のある素材で、締め付けのない靴下を履きましょう。

外出の際に特にオススメなのは「ムートンブーツ」。
靴下を重ねてはかなくても、天然の保温効果が高く、また足に無理な負担が掛からない形なので、足の血流を阻害することもありません。室内では、ムートンブーツに似た素材の室内履きがオススメです。
足の締めつけを極力なくし、きちんと血液を流してあげましょう。

その飲み物、冷え性にはNGです

冬場は身体を温めるために、ホットドリンクを飲みますよね。でも、飲み物のチョイスによっては、身体を冷やしてしまうことも。

【寒い時に飲むのがNGの飲み物】
・コーヒー
・緑茶
・白湯
・ミルク

寒い時に温かいコーヒーや、緑茶、ホットミルクなどを飲んでいませんか?
でも、これらはすべて、身体を冷やす部類の飲み物。もちろん、ホットで飲めば一時的に体温は上がりますが、その後でじわじわと身体を冷やしてしまう作用があるんです。白湯も冷えるとただの水。冬場に飲むのは避けましょう。

【寒い時に是非飲みたい飲み物】
・生姜の入ったもの
・紅茶、烏龍茶など発酵させたお茶
・ココア

冷え性に一番効くのは生姜が入った飲み物。でも、この生姜も、熱を通していないものは、逆に身体を冷やしてしまうので、必ず熱を通した生姜のドリンクを飲みましょう。紅茶と緑茶はもともと同じ葉から作られていますが、発酵しているお茶には身体を温める作用があるのです。
そして、カロリーが高いので、飲みすぎには注意したいですが、ココアも身体を温めるポリフェノールがたっぷり含まれているので、オススメです。

きちんと身体を温めてくれる飲み物で、冷え性対策をしましょう。
ムートンブーツで足元あったか
関連キーワード

関連記事