冷え性は薄毛になりやすいって本当? 女子の薄毛、深刻です

冷え性は薄毛になりやすいって本当? 女子の薄毛、深刻です

薄毛に悩むのは今や男性だけではありません。実は最近薄毛に悩む女子が急増しているんです。薄毛対策、ちゃんとしてますか?

冷え性の女子は薄毛になりやすい?!

先日美容師さんと話をしていて、最近髪が薄い女子がかなり多い、という話しを聞きました。
これまで、薄毛というと男子の悩みと思われがちでしたが、パーマやカラーリングなど、おしゃれの為に髪に負担をかけてしまうことが増えてきた為、近年女子にも薄毛が増加しているのです。

また、男子に比べて冷え性が多いことと、女子の薄毛にも実は関係があります。
冷え性になると末端の血流が滞ります。加えて頭部の血管は心臓から遠く、また重力の関係で、心臓より下にある手足よりも滞りやすくなっています。その為、冷え性で血流が滞りやすい女子は、頭皮にも十分な栄養が行き渡りにくく、それによって薄毛になってしまうことがあるのです。

冷え性改善と薄毛のケアは同時進行で

冷え性の改善をする際に、一緒に行うと効果が高いのが頭皮のケア。
どちらも血流に関連することなので、一緒に行いましょう。
冷え性と薄毛の改善方法で一番手軽、かつオススメなのが、湯船にきちんと浸かること。つい面倒でシャワーで済ませてしまいがちなのはよく分かりますが、入浴習慣をきちんとつけることで、身体の様々な不調が改善されるので、入浴習慣は冷えや薄毛以外の身体全体のためにも是非取り入れてください。
そして、半身浴ではなく、首元までしっかりと浸かって身体を温めるのが大切。10分程度でも首までしっかり湯船に浸かりましょう。

湯船に浸かっている間、末端のマッサージをすることで、より隅々まで血液を流すことができます。
特にお湯に浸かりながら頭皮をゆっくりとマッサージするのが薄毛対策には効果的。血管が多く集まっている耳の上を中心にして、じっくりもみほぐしましょう。

冷え対策が薄毛を招くことも?

寒い日にニット帽をかぶったり、暖かいマフラーなどをしっかり巻いて出かけていませんか?
でも、実は防寒対策が薄毛の原因になることもあるんです。
特に危険なのが、一日中ずっとニット帽をかぶりっぱなしでいること。これは、確実に頭皮の蒸れを発生させてしまう上に、こまめに洗いにくいニット帽をずっとかぶり続けているのは清潔とは言えません。
また、暖かすぎるマフラーを巻いている時は、暖房の効いた電車内などではマフラーを外すことも大切です。特に混雑した電車などでは、暖房と人の体温で車内がかなり暑くなっていることも。そんな時に首元にしっかりとマフラーを巻いていると、頭皮が汗ばんでしまいます。
防寒のしすぎで身体が汗ばんでしまうと、汗が蒸発する際に身体の熱も奪ってしまうので、気をつけましょう。

上手に身体を温めて、冷え性も薄毛も改善できるようになりたいですね。
入浴は最高の健康法
関連キーワード

関連記事