一生使う「歯」を健康に保つ方法

一生使う「歯」を健康に保つ方法

何かを食べるとき、言葉を話すとき、大切な人と笑顔をかわすとき、「歯」はとても重要な役割を担っています。日々の生活が益々輝くように、大切な「歯」を健康に保つ方法をお伝えします。

あなたの「歯」の状態を簡単チェック!

まず、あなたの「歯」の状態を見ていきましょう。
当てはまる項目をチェックしてください。

・歯茎に赤くはれた部分がある
 
・口臭がなんとなく気になる

・歯茎がやせてきたようだ

・歯と歯の間にものがつまりやすい

・歯を磨いた後、歯ブラシに血がついたり、すすいだ水に血が混じることがある

・ときどき歯が浮いたような感じがする

・指で触って、少しぐらつく歯がある

・はぐきから膿がでたことがある

1~2項目が当てはまれば歯周病の可能性があります。
3項目以上なら歯周病が進行している恐れがあります。

今日から出来る「歯」を健康に保つ方法

ではあなたが一生使っていく「歯」を健康で綺麗に保つにはどのようにしていけば良いか見ていきましょう。

①コーヒーやワイン、お茶など着色汚れの原因になるものを摂取した後は、水などで口をゆすぐ。

②食べ物はよく噛む。
噛むことにより、唾液の分泌を促進し、口腔内を清潔に保つことが出来ます。ガムなども効果的です。

③歯磨きは丁寧に。
ものを食べた後、就寝前は丁寧に歯磨きをしましょう。歯と歯の間、歯と歯茎の境目、奥歯のかみ合わせ部分は磨きの腰が多いので意識して磨いてください。

④歯ブラシはこまめに交換。
古くなると効果が弱まります。1ヶ月に一度を目安に交換を。

⑤就寝前にリステリン、モンダミンなどデンタルリンスで口をゆすぐことも効果的。

⑥歯医者を受診し、歯についた汚れをとってもらいましょう。
特に着色汚れや、歯石は自分では取り除けないのが現状です。

しっかりオーラルケアして白い歯の輝きと一緒に、あなたの日々の生活もより一層輝かせていきたいですね!

関連記事